Complete text -- "辨天娘 春の試飲会(当日)"

15 April

辨天娘 春の試飲会(当日)

1時半に倒れこむように就寝したものの、6時半には目が覚めたので、身支度を整えて7時に母屋1階の広間に顔を出してご挨拶。さすがに皆さん臨戦態勢でした。
朝食後、8時前にスタッフミーティング。
今回、私の担当は受付係。参加される方々の半数近くは、何らかの形で(顔もしくは名前を)見知っているゆえのお役目と勝手に思いつつ、前回までは盛田さん(3月に亡くなられた・・・)が受付をされていたことを思い出しました。

null

受付時間は10時半からなので、それまでは会場セッティングや料理部門のお手伝い。何度も会場と母屋を往復する中で、今シーズン育てられる酒米の種籾を発見したり、懇親会で提供される燗酒(1合瓶12本×8種類)が瓶燗されているのを、興味深く見ていました。



やがて、車で来られた方がひと足先に到着されたので、法被を着て受付業務開始。
鉄道で来られる方(20名以上)は、10時45分を過ぎた頃にドッ!と押し寄せるように到着。まるで団体様ご一行です・・・たちまち受付台前に行列ができました(笑)
でもそのひと時をこなすと、おひとり遅れて来られる方以外は皆さん受付完了されたので、奥の仕込み蔵2階のきき酒会場へご案内。
私は再び配膳や会場の仕上げ、お酒の運搬などのお手伝いをしたり、きき酒会場をのぞいたりしていました。





定刻の正午を過ぎたので、きき酒会場から懇親会会場へ皆さんをご案内。
開会の言葉、社長の挨拶、杜氏のいつもより嬉しそうな挨拶(23BYの酒造りの説明)、リアル辨天娘・陽子さんによる提供酒の説明のあと、いよいよ宴が始まります。
ズラッと並んだお酒たちや、素朴ながら手間暇かけられた料理の数々を前に、乾杯酒である今年の新酒(純米大吟醸生原酒・常温)を皆さんの杯に注ぎます。
ここで、スタッフとしての私はいったん消え、皆さんと同じ宴席に着きます。
山枡酒店店長の音頭で、いざ乾杯!
その後は、いつも通り次々と提供される燗酒と料理を味わいながら、いつもより多くの方とお話することができました。

温かい料理(粕汁、車麩のフライ、猪鍋)やおにぎり、蔵特製なら漬も素晴らしいタイミングで提供され、かなりのボリュームなのに皆さんよく食べられていました。まさに「料理が食べたくなるお酒」の本領発揮です。

デザートのシャーベットが出されたところで、〆の挨拶を東京から来られた酒販店・大塚屋の京子さんにしていただき、西日本では珍しい一本締めで締めくくりました。

お開きのあとは、各自帰りの列車やバスの時間まで、自由にお話。
実はこのゆる〜い時間が一番の楽しみだったりします。

いつもなら、私も苦しいくらいしっかり食べて飲んでいるのですが、今回は「片付けもお手伝いしなければ・・・」との思いで、お酒も料理も控えめにしていました。
宴が始まってから、蔵の皆さんに「片付けはええですから」とありがたいお言葉を頂いたお陰で、帰りのバスの時間まですっかり寛いでしまいました・・・。


<この日のお酒>
23BY13番娘 純米大吟醸生原酒 山田錦45%(701号酵母)
22BY 7番娘 純米大吟醸 山田錦45%(701号酵母)
22BY13番娘 純米吟醸 山田錦55%(701号酵母)
23BY10番娘 生もと純米生原酒 玉栄70%(6号酵母)
22BY 2番娘 純米吟醸 玉栄55%(701号酵母)
22BY 5番娘 純米 強力(ごうりき)70%(601号酵母)
21BY10番娘 純米 山田錦80%(701号酵母)
21BY 3番娘 純米 玉栄70%(601号酵母)
22BY 6番娘 純米 鳥姫70%(701号酵母)
21BY 2番娘 純米 五百万石70%(701号酵母)
20BY 5番娘 純米にごり 五百万石70%(6号酵母)
22BY12番娘 青ラベル 等外米混合70%(6号酵母)

<この日の料理>
落花生豆腐
鯖の熟れずし(麹漬)
ハタのおからずし
お和え
シーウィードサラダ
グリルドポテト
焼鹿
鯉のお刺身
煮物・干蕨・筍・蕗
粕汁
車麩のフライ
いのしし鍋
おにぎり・なら漬
柚子シャーベット


17:20:00 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック