Complete text -- "辨天娘 酒米収穫祭2011"

08 October

辨天娘 酒米収穫祭2011



今年3回目の若桜訪問。今回の旅の目的は、秋に開催される「酒米収穫祭」に参加するためです。
なんばOCATからバスで3時間、片道3,100円・・・いつもながら、ありがたい近さです。



この日のメニュー。左側がお酒、右側が料理のラインナップです。
お酒メニューは、現在市販されているものがほとんど。でも鳥姫と純米吟醸山田錦の22BYは、ここで初めて味わいます。





提供されるお酒は、もちろんすべて熱燗。
若桜の食材や伝統料理にはもちろん、車麩のフライといった揚げ物や、優しい甘さの自家製デザートにも合う合う。
でも真骨頂は・・・



お蔵特製、鯖の麹漬け!
そのままでも、ほんの少し醤油をつけても、そしてそして炙っても、とにかく旨い。
お蔵で味わうとなお旨味が増幅する気がするのは、実際に行った人なら絶対わかってもらえると思います。

春の会とは違って、ほとんどが鳥取県内の方、しかも酒米の生産者は若桜町内の方ばかり。
普通ならアウェー感たっぷりの会ですが、まったくそんなことを感じないのは、私が馴染んでいるからだけではない何かが、このお蔵にあるからでしょうね。

22:39:00 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック