Complete text -- "Osaka Sake Sonicで日置桜"

23 September

Osaka Sake Sonicで日置桜

大阪の地酒専門店7店舗が主催する「Osaka Sake Sonic 2011」。
去年は参加しませんでしたが、今年はいきなりボランティアスタッフとして参加。冬に大変お世話になった、鳥取の「日置桜」ブースで、社長と共にお酒を提供させていただきました。

null

燗どうこ(電気で徳利などを湯煎してお燗をする機械)を持参している蔵元は、自分のブースで燗酒を提供。「日置桜」の他にも、隣のブースの「秋鹿」や、若き杜氏が頑張る「天隠」といった燗酒に力を入れている蔵元には、燗酒ファンが列を成していました。



燗酒専門ブースもありました。「蔵朱」の大西さんや「地酒バー膳」の木下さん、また酒燗器メーカー「サンシン」の西岡さんといった職人技の持ち主が、各蔵元から提供されたお燗向きのお酒を次々と絶品燗酒にして提供していました。

去年は食べ物も提供されていたそうですが、今回はお酒のみ。個人的にアテを持ち込んで、つまみながらお酒を味わっているお客さんも多数見かけました。
純米燗酒は、料理とともに味わってこそ真価を発揮するので、次回はぜひ、蔵元にちなんだアテとともに提供されるともっと良いだろうな・・・というのが、自分も含めた飲み手の本音ではないかと思います。

ちなみに今回は、各蔵元が仕込み水を持参。本数は蔵元任せだったようで、10本程度持参していた「日置桜」ブースでは、仕込み水を求める人も絶えませんでした(笑)



一部・二部各2時間(間に休憩1時間)をこなし、撤収作業もしてから打ち上げ会場へ移動。会の残酒が並んだカウンターは壮観でした。
予想通り、打ち上げ会場となる店舗では燗酒対応が難しく(人数が多くてその余裕もなかった様子・・・)、蔵元やスタッフの皆さんは冷やで味わってました。
私は、持参していたポータブル燗酒セットに、お店から熱湯をもらって、残酒を次々と燗つけて味わっていました。でも残酒ゆえか香りと味のバランスが難しいものが多く、結局は「日置桜 鍛造生もと強力(ごうりき)20BY」の燗酒を味わって、ほわ〜っと疲れを癒やしてました(笑)
23:13:00 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック