Complete text -- "燗の美穂"

05 March

燗の美穂

去年の夏(初秋?)に一度訪問して以来、ずいぶんご無沙汰していました。
店長の美穂さんは、私が蔵仕事していたことはご存知でしたが・・・もう帰ってきていることは知らなかったようで、お店に顔を出すとびっくりされました。
「明日、蔵で会えると思ってたのに〜!」
・・・そうです。翌日が「辨天娘」太田酒造場〜「日置桜」山根酒造場の蔵見学の日だったのです。

null



ずいぶん遅くなりましたが、蔵帰りのお土産として酒粕をお渡ししました。日置桜 生もと純米雄町65%の酒粕です。
さっそく美穂さんは酒粕を試食・・・のあと、焼いて(というより炙って)お客さんそれぞれに提供されたのには、こちらがびっくり。ヤブタ搾りの板粕ではありますが、大変しっとりとした柔らかい酒粕なので、焼いてそのまま食べるにはちょっとアルコール(お酒っぽい)感が強いかなあと思いましたので。先日のさらむむで味わったような、粕汁など料理の素材や調味料として使うと、かなり良くなるでしょう・・・乞うご期待です。

23:55:00 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック