Complete text -- "里山みらいじゅく"

23 October

里山みらいじゅく

去年、このイベント(第1回)が開催されたのは覚えていました。
浜大津の酒屋さんが第1回からスタッフとして活躍されていて、仰木の棚田にアトリエを構えている高名な写真家、今森光彦さんが中心になって、仰木の棚田の魅力を発信していることも。
その第2回が、心地よい晴天のもと10月23日に開催されました。今回は、私もゲストにつられて参加してしまいました・・・。
そのゲストは・・・元・旭山動物園の飼育係で、現在は絵本作家(というより絵描きさんですね・・・)の、あべ弘士さん
あべ弘士さんとは、5年前に単身参加した「クレヨンハウス夏の学校」以来の再会です。今森さんとも、ちょうど5年前の里山ジャンボリーに参加した時以来の再会。お二人とも、覚えていらっしゃるでしょうか・・・?

null

当日朝9時過ぎに、まずは湖西線のおごと温泉駅に集合。そこからマイクロバスのピストン輸送で、開会式会場となる仰木の棚田(平尾地区)に移動します。会場に着くと、すぐ近くに名所?の「馬蹄形の棚田」もあり、参加された皆さんは開会式の時間まで周囲を思い思いに散策されていました。
この場所、実は私もかなり思い出深い場所です。今の田んぼの師匠に会う前・・・つまりこれも5年前ですが、家族で堅田の酒蔵の料理を味わった後に、タクシーでこの棚田を見に来て、今日と同じように散策していたのです。
その後、田んぼの師匠と出会って、小椋神社裏手の谷あいの棚田をお手伝いするようになると、平尾地区の棚田は単なる通過点に過ぎない存在となりました・・・。そういう意味では、棚田とも5年ぶりの再会という感覚でした。



開会式の前に今森さんとお話する機会があり、挨拶をすると・・・覚えていて下さいました。私は、やはり日本酒のイメージが強いようでした。でも浜大津の酒屋さん経由で、黒米を味わっていただいたりもして、名前は時々聞いておられたとのこと。嬉しいことです。
10時になって開会式が行われ、今森さんを先頭に順次棚田の散策に出掛けます。参加された皆さんは、できるだけ今森さんの近くにいて、今森さんのお話を聞こうという方が多く、今森さんの周囲は常に大きな人だかり・・・そういうのを見ると、私はつい距離を置いてしまいたくなり、スタッフや地元の農家の方と何気なく会話を楽しむことにしました。



予定を少しオーバーして、12時過ぎに午後の会場である仰木太鼓会館に到着すると、地元の農家の方が様々な食べ物を出店されていました。パン屋さんかと思うほど沢山の種類が並んだ手作りパン、棚田米で仕込んだ日本酒、黒豆餡のおもち、採れたて野菜の数々・・・。つい欲しくなってしまい、パンを3個購入してから、事前に申し込んでいたお弁当(おにぎり3個とおかず、猪汁のセット)を受け取りました。
会館前の芝生に敷かれた大きなブルーシートの一部に陣取って、散策途中でお話をしていた方々と一緒に、ゆったりとお弁当を味わいます。猪汁は、猪肉と野菜がたっぷり入っていて、とてもお得感がありました(後半に受け取った方は、量が減っていて、最後には食べられなかった方もいたとか・・・最初に受け取って正解でした)。

午後1時からは、太鼓会館の中で伝統芸能の仰木太鼓の実演を鑑賞した後、午後のメインである、あべ弘士さんの講演会と、あべさんと今森さんの対談を楽しみました。
ちなみにあべさんとも、講演会の前に挨拶する機会があったのですが・・・さすがに、5年前のことは覚えておられませんでした(涙)

そして全プログラムが終わり、会場の片付けなどをスタッフの皆さんに交じってお手伝いした後は・・・。
とある場所に移動して、なぜかマイ錫ちろりが活躍していました(笑)

22:47:00 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック