Complete text -- "湖北探訪"

09 October

湖北探訪

きっかけは、私たちが作業している田んぼのお米(コシヒカリ)が7月に品切れとなったことでした。
今年の秋(おそらく10月後半)まで、さてどこのお米を買って食べようかと思い、いろいろ探しているうちに、ご縁があってこちらのお米を購入することにしました。
無農薬コシヒカリ玄米の価格が破格値ということもありますが、やはり決め手は、私もよく知っている地元の酒蔵の酒米を手掛けていることでしょうか。知人が信頼している作り手のお米という安心感が何よりでした。実際味わってみて、自分たちが手掛けたお米に近い味わいでしたし、子どもも違和感なく食べてくれたので、この選択は正解でした。
そして、近いうちに田んぼや農場を訪問したいと思っていたのが、今回農場で開催される収穫祭に参加という形で実現しました。





あいにく朝から雨のため、稲刈り(もち米)イベントは中止に。農場敷地内で、新米おにぎりや焼きそば、豚汁、焼き芋、お餅など、スタッフの心尽くしのごちそうを味わいつつ、午前中からビールやお酒を頂きました。お酒は、この農場の田んぼで育てた酒米(玉栄)を使った純米無濾過生原酒。瓶詰が今年の3月というのも確認して、ひとり秘かに喜んでいました。
朝から肌寒く、会場は屋外のため風も吹き込みますので、冷たいビールは1杯で遠慮して、用意していたポータブルお燗セットで、無濾過生原酒(半年熟成)を45度程度に温めて味わいました。

社長とも初めてお会いしました。もっと職人気質もしくは芸術家っぽい方かと思っていたのが、想像以上に気さくで色々とお話できたのが嬉しかったです。
またスタッフの皆さんや、参加されたここのお米のファンの方々とも、初対面ながらいろいろとお話をさせていただいたり、時々行われるゲーム(お米計量・力持ち競争など)や羽二重もち米の餅搗きに参加して楽しませていただきました。

午前10時過ぎから午後3時過ぎまで、たっぷりのんびり楽しんだあと、地元の酒蔵へアポなし訪問を敢行。夕方4時頃でしたが、蔵のお店で店番をされているお姉さんに怪しまれながらも、造り手であり関西地酒界のイケメンと評判の弟さんを呼んでいただきました。
今期の酒造準備でお忙しい中、しばし話を聞かせてもらったり、秘蔵の熟成酒を無理言って購入させていただいたり。先日(10月1日)にもお会いしたばかりでしたが、自宅(蔵)にいらっしゃるからか、イベントなどでお会いするのとはまた違った雰囲気を感じました。

帰りに、忘れてはならないお土産(?)、サラダパンやサンドウイッチなどを買って、新快速で2時間の帰路につきました。



23:47:04 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック