Complete text -- "日置桜を愛でる会"

31 July

日置桜を愛でる会

7月は、10日おきぐらいに飲み会に参加した珍しい月でした。
その7月の最終日、いつもお世話になっている蔵朱にて「日置桜を愛でる会」に参加してきました。

null

午後3時という暑い日中の開催なので、汗をかきかきお店に到着すると・・・ウェルカムドリンクが! 純米にごり酒のエビスビール割りとのことで、ついぐっと飲み干しそうになります。マスターから「けっこうまわるので一気に飲まないで」と注意されなければ、飲んでいたでしょう・・・。
入口近くに、今日のお酒がずらりと並んでいました。



定刻になり、マスターの挨拶から蔵元の挨拶と続き、最初のお酒を杯に注いで乾杯。もちろん最初から燗酒です。
先付けは、無花果と枝豆の胡麻クリーム和え。続いておぼろ豆腐のジュンサイ添え、万願寺とスズキのしんじょうと、あっさりながら素材の味わいがうまく引き出された肴が提供されます。



特に野菜の炊き合わせは、サラダかと思うほど見た目が涼やか。でも出汁味がしっかりしみ込んでいます。
会が進むと、若い(といっても1年半程度の熟成ですが)お酒から徐々に熟成酒(2年〜5年)の味わい深い酒へと移ります。
あっさり味の肴ではちょっと役不足かな・・・と思った頃に、鰹のたたきが。ジャンボにんにくのペースト添えですが、これがマイルドで臭いもほとんど気にならず、全部食べてしまいました。
さらに、今月なぜか私の周囲でちょっとしたブーム?の、琵琶鱒。脂と旨味がしっかりのった塩焼きです。



賀茂ナスと生麩の柚子味噌添えは、想像以上に弾力のある歯ごたえと、柚子味噌の濃厚かつ後口さっぱりとした味わいが、お酒とうまくバランスを取ってくれます。
写真は撮り忘れましたが、その後お浸し(ゴーヤー、ツルムラサキ)を箸休め的に頂きました。
そろそろ〆に入り、穴子と新牛蒡の土鍋ご飯がまた燗酒によく合うなあと思いつつ噛み締め、汁物(鱧の子と湯葉の味噌汁)をなめるように啜りました。

メニューが全部出た頃には、初対面の方もすっかり和んで話が盛り上がっていました。毎度のことながら、いい雰囲気になってきた頃にはお別れの時間が迫ってきます。
3時間以上経過して、名残惜しみつつお開きに。
外はまだ明るく、お酒の会が終わったとは思えない感覚のまま、お店を後にしました・・・。

谷町4丁目の駅から、なぜか逆方向へ・・・。



気がつくと、スタンドバー(立ち飲み?)にいました(笑)
料理もお酒も300円のお店で、初めての訪問でしたが、やはり顔見知りに出会いました。
20:40:00 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック