Complete text -- "春の純米燗酒の会"

23 May

春の純米燗酒の会

今年も声をかけていただき、1年ぶりに若桜を訪問しました。
朝一番のスーパーはくと〜若桜鉄道と、いつもの乗り継ぎでしたが、若桜鉄道は(たまたた1両編成ということもありましたが)立ち客がでるほどの満員。そしてお会いした顔がそこかしこに。
乗客の3割以上が、駅を降りると傘をさして同じ方向へ歩きます・・・「純米燗酒の会@若桜」会場である、お蔵へ。

null

お蔵に着いて、社長様始め皆様と再会のご挨拶。思えば、かれこれ6年近く、毎年最低1回はこちらを訪問していることになります・・・。
会費を払って、まずはきき酒(マッチング方式)に挑戦。毎回少し間違えるのですが、今回も案の定、半分しか当たりませんでした・・・。
その後、未出荷の貯蔵火入れ原酒と、今年度の新酒の火入れ原酒を順番にきき酒。私は適当に味を見ただけですが、久しぶりにお会いした倉吉の酒屋さんは、この貯蔵原酒のきき酒のために朝8時過ぎからお蔵にいらっしゃるとか。お酒ごとの細かい分析や評点までつけられているのを垣間見ることができ、さすが・・・と感心しきり。

null null null
null null null
null

貯蔵原酒を全部きき終わらないうちにお昼となり、お酒と食事が用意されている特設会場へ移動・・・といっても、蔵の建物から棟続きですので、雨に濡れることなく移動できましたが。
テーブルには、山の幸をふんだんに使った手作りの料理が盛りだくさん。こちらでは、デザートに至るまでほとんどの料理が地元の素材を使い、手作りで提供されます。
懐かしい味の料理を味わいつつ、次々と手際よくつけられる燗酒が杯に注がれます。最初はテーブル内でお酌をしてましたが、途中からはもっぱら手酌派に。自分のペースを死守しないと、つい飲み過ぎてしまいます。
それでも、午後3時前に閉会した時点でかなり酔いが回って、3時過ぎには酔い覚ましのため宴席から離れてふらふらしておりましたが、やがて猛烈な眠気に襲われて、ついお言葉に甘えて母屋で横になってしまいました・・・。
1時間ほど意識を失い、少し復活して会場に戻ると、お蔵の方々と残った参加者(夕方バスやJRで帰宅組)が、和気あいあいとお酒を楽しまれていました。
体調が少し戻って、さあこれからという時にはもうバスの時間に。
同じ大阪から来た、同い歳の3人組でバスに乗り、なんばまで3時間の帰路につきました。

<味わった料理>
胡麻豆腐(醤油とワサビで)
鯖の熟れずし(麹仕込みのやさしい甘さ)
ハタハタのおから酢
ゼンマイの和え物(白和え)
切干大根と豆のサラダ(オリーブオイルでイタリア風?)
山菜の煮物
鶏の南蛮漬け(辛子をつけて)
わらびの粕汁(木の芽添え)
稲荷ずし(辛子をつけて)
トーフチョコタルト
蕎麦
アスパラの天麩羅
蔵特製なら漬(大根・きゅうり)

<味わったお酒>
H19BY純米吟醸山田錦55%(8番娘)
H20BY純米大吟醸山田錦45%(11番娘)
H20BY純米酒山田錦80%(13番娘)
H20BY純米酒中垂れ
H20BY純米吟醸玉栄55%(4番娘)
H21BY純米生にごり酒玉栄70%(3番娘)
H20BY純米酒五百万石70%(1番娘)
H20BY純米酒玉栄70%(6番娘)
H20BY青ラベル(15番娘)
H19BY純米にごり酒玉栄65%(7番娘)
22:55:00 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック