Complete text -- "育苗スタート"

30 March

育苗スタート

京都では時ならぬ雪となった前夜・・・明けて午前11時に岩倉に着くと、日陰には雪が残っていました。東南に見える比叡山も、うっすら雪化粧したまま。
そんなコンディションですが、いよいよ今年のお米作りのスケジュールを決定する、種籾の湯温消毒の作業が始まりました。
(写真はこちら
今年は、去年と同じくコシヒカリ・赤米・黒米・緑もちの4種類を作付予定。コシヒカリと緑もちは多め、赤米と黒米は少なめです。

作業自体は単純。田んぼの師匠のお風呂場を使って、湯船に70度近いお湯をため、そこに種籾を消毒用の大きなザルに入れて、数分間(お湯の温度によって時間は変わる)撹拌しながら湯煎します。
私も今年で5回目ですので、段取りは頭の中に入っており、師匠ほか数人でテキパキとこなします。4種類を湯煎6回、午後1時頃から約1時間半で終えました。

その後、余った時間で私はナスの種まきを実施。
(写真はこちら
育苗ポット25鉢に、この日購入した培養土(いつもよりちょっと良いもの)を入れ、ナスの種を2〜3粒ずつまきます。軽く覆土して、保温と雨対策のため籾殻を被せ、さらに全体に寒冷紗をかけて終了。
実際、ナスを種から育てるのは、私も含めて皆初めてなので、これから約2ヶ月間、様子を見ながら対応したいと思います。

さて次回は、1週間遅れている葉物3種(コマツナ・シュンギク・ホウレンソウ)の種まき。4月3日(土)作業予定です。さらに余力があれば、昨年の秋に開墾した第2圃場(畑)の整備をします。

21:59:00 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック