Complete text -- "土筆を味わう"

23 March

土筆を味わう

null null

こちらでは久しぶりの更新です。
22日に野洲の畑で、子どもたちに採ってもらった大量の土筆・・・アクがまわらないうちにと、翌日のお昼前に下処理をしました。
一番面倒な袴取りは、私と子どもたち、そして朝から来ていただいていた祖母とで、約1時間かけてクリア。
何度か洗って水に浸すこと30分。浸し水も3回ほど換えます。
その後、寸胴鍋で湯を沸かして、さっと2〜3分湯がき(熱湯消毒も兼ねて)ます。そしてまた、水に浸すこと30分・・・。
ここまですれば、苦みやエグミはほとんど消えました。

null

半分をバター醤油で炒め、玉子でとじます。残り半分は、厚手の片手鍋で濃いめの煮汁を作り、落とし蓋をしてじっくり煮込みます。
さすがにお昼ご飯には間に合わなかったので、夕食に味わいました。
ただ、せっかく土筆採りから活躍してくれた子ども達の口にはあまり合わなかったようで、煮たものを少し食べたくらいで「もういらない・・・」と残してしまいました。まあ、旬のものではあっても、それほど美味しいものではないから仕方がないのですが・・・。


16:28:00 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック