Complete text -- "研修のち農作業"

21 April

研修のち農作業



若桜から戻った翌日の月曜日から、連日和歌山へ通う日々が続きました。
新しく引き受けたお仕事の研修ということで、蔵の現場(瓶詰め作業など)や事務所の仕事をしました。造りの時期は終わって蔵人さんたちもすでに帰郷されているので、泊まりこみの作業がなかったのは幸いでした。
木曜日は、酒米の契約栽培をしている農家さんを訪問。和歌山県内の3箇所を移動しましたが、3番目に訪れた田んぼがあまりに面白い形だったので、思わず写真を撮りました。山深い土地で、その土地に寄り添うように懸命にお米作りをされている農家の方々とお話する機会をいただいて、自分なりに色々と感じるものがありました。



土曜日は、1週間ぶりに野洲へ。
今日の主な作業は、畑のジャガイモの手直し。先週マルチに穴を開けたものの、まだ芽が完全に出揃ってなかったので、ちゃんと穴から芽(大半はかなり大きくなっていましたが)を出して、マルチをしっかり留め直しました。
畑のほかの野菜たちの様子は・・・冬越しのニンニクとタマネギが、暖かくなってからみるみる成長してきました。ニンニクは、もう少し様子を見て、半分以上枯れてきたら掘り出してみます。タマネギは、あと1ヶ月様子を見ます。
コマツナ・ダイコンは、順調に発芽・成長中。ニンジンとゴボウも無事発芽してくれたようですが、雑草が多くなってきたので、次回は雑草抜き作業が必須のようです・・・。
育苗ポットのカボチャ・トウモロコシもようやく発芽してきました。もう少し芽が出揃うのを待ち、本葉がしっかり出てきたら畑に移植します(連休後を目安に)。
田んぼの仕事もまだまだ控えています。来週からは仕事半分、農作業半分の生活サイクルになりますので、徐々にペースを上げていこうと思います。



22:54:00 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック