Complete text -- "蔵仕事の期間を振り返って"

02 February

蔵仕事の期間を振り返って

1月末日にて、私の蔵仕事は終わりました。蔵では引き続き、2月下旬まで純米酒の仕込が続いているのですが・・・。
いつもでしたら、毎月末に1ヶ月を振り返ることにしていますが、1月も蔵での日々が大半を占めるので、仕事の期間の合間に撮りながら掲載できなかった写真を掲載しながら、この2ヶ月半を振り返ってみたいと思います。



まずは、蔵入りした日。蔵に入る前に立ち寄った、今回の仕事を紹介して下さった倉吉の酒屋さん(いつもお世話になっております)。お店にお邪魔したのは久しぶりでしたが、思わずにやけてしまうお酒のラインナップはもちろん、新しいイラストもあって楽しませていただきました。
ここで気合を入れて(ついでに晩酌酒も買って)、蔵に向かいました。



これは、お正月の3日に野洲の田んぼや畑の様子を見に来た時の写真です。秋かと思うくらいの景色でした。でもさすがに、11月まではたくさんいた虫たちの姿も、ほとんど見かけることなく、葉っぱの大半を食べられていた小松菜なども復活していてびっくりしました。ダイコンやネギは元気だったので、ジャガイモの残りとともに収穫しました。
豆類は、大豆はほぼ全滅でしたが、小豆は生き残っていましたので、鞘を収穫。家で子供たちが見る前で鞘から小豆を取り出しました。
家にあったニンニクを少し植えたのですが、しっかり成長していました。春に収穫できると良いなと思います。



こちらは、蔵仕事を終えた日の夜に、米子在住の方と初めてお会いして、一緒に飲んだ時の写真です。もちろんお店は、倉吉の「味処 進」にて。日本酒メニューを一巡して、さらに3合飲んで、まさに旨味三昧な夜でした。
蔵を出た開放感もあってか、自分にしてはよく飲みました。



その翌日(2月1日)に、琴浦町の蔵に初めてお邪魔しました。
お酒は数年前から愛飲しておりますが、蔵を訪問するのは初めてでした。雲の上の存在のような名杜氏さんに蔵を案内していただき、また酒母係の人との再会もできて、嬉しい時間を過ごせました。ただ、車移動でしたので、きき酒ができなかったのが非常に心残りでしたが・・・。
その後、無事雪が積もる前の峠を越えて(途中、若桜の蔵に立ち寄ってから)、大阪への帰路につき、長いようで短かった鳥取での蔵仕事を終えることとなりました。
色々と良いご縁がつながり、また色々な経験もすることができて、自分としてはかなりプラスになった期間だったと思います。
来期にこれを活かすこととなるのかどうか、今はまだよくわかりません・・・。




そして今日、久しぶりに野洲の田んぼに行ったら・・・この景色でした。
やっぱり、私って雪男?
しばらく田んぼ仕事は延期になりそうです。
23:46:00 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック