Complete text -- "10月を終えて〜あれから1年〜"

31 October

10月を終えて〜あれから1年〜



今朝も快晴。このところ同じ書き出しが続くなあと感じるほど、毎日良い天気です。でもさすがに、ここらで少し湿り気が欲しくなりますね〜と、地主さんの奥様とも話してしまいます。露地の畑は、雨が少ないと水やりの仕事があるからです。まあ、朝晩の気温差による朝露はあるので、枯れる心配はないのですが・・・。
上の秋冬野菜の畑に、2日ぶりに水やりをしました。ハクサイが、少しずつ葉っぱを巻き始めました。でも、さすがにあと2週間では完全に結球しないだろうなあ・・・。
三角の畑に播いた、ホウレンソウの種が一斉に発芽してきました。購入した種よりも、地主さんのところで種取りした種の方が発芽率がはるかに良かったです。でも、これも2週間では収穫できないだろうなあ・・・。
春野菜の仕込みも、途中の世話が出来なさそうなので控えていたのですが、今日たまたまホームセンターで見た、タマネギの苗をつい購入してしまいました。カボチャのあとの畝(ホウレンソウと同じ)に、14本定植しました。モグラの通り道もあるので、無事育ってくれるかどうか・・・草取りも、再来週からしばらくできないですけど。
他にも、まだ収穫できそうにない大豆や小豆、秋ナス(こちらは2〜3個くらいは収穫できそうですが)、ニンジン(三寸、金時)、ダイコン、ジャガイモ(ぎりぎり収穫できるかも・・・)など、畑にいっぱい残したまま、来月の13日からは畑に通えなくなります。
ちょうど1年前、mixiでの呼びかけを見て参加した「もりのめぐみ」の田んぼの稲刈り。そこでの出会いから、野洲の圃場を紹介していただき、地主さんや岩倉の農家さんのご好意のおかげで、春からみっちりと畑仕事や田んぼ仕事を勉強させていただきました。今月からは、自宅から通勤(?)できるようになり、家族と過ごす時間も増えて、本当に自分は幸せ者だなあと実感しております。
そして今月は、何よりも田んぼ仕事の仕上げである、稲刈りがずっと続きました。初日こそ欠席しましたが、それ以外は(途中抜けは多かったものの)野洲の田んぼの稲刈りはほぼ経験しました。涙こそ流すことはなかったですが、玄米を手にした時、自分が働いた時間が形になったと嬉しく思いました。
22日には、大好きな若桜の蔵のお酒と、自分が育てた野菜やお米を、参加して下さった皆さんや蔵元さんと一緒に味わう、素敵な思い出もできました。自分がこうありたいと考えていた方向が、かなり具体的に実現できたことが、何よりも嬉しかったです。
10月は、日本酒にとっても、お米にとっても、そして自分自身(誕生月なので)にとっても意味のある、充実した1か月でした。





そして来月は・・・野洲の圃場に通えるのも、前半だけとなります。
後半から、来年の2月末までは・・・大阪を離れて、修行に行ってきます。場所は、しばらくは内緒です(若桜の蔵ではありません)。
23:13:30 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック