Complete text -- "琵琶湖三昧"

14 August

琵琶湖三昧

お盆期間は、家族が滋賀に来てくれています。
仕事の予定もなくなり、帰省ラッシュや墓参りなどとは無縁で、のんびりゆったり夏休みを過ごしています。
13日は、圃場へ行ったのですが、暑い時間だったので1時間ほどしか滞在しませんでした。田んぼを少し見て、水が漏れている場所を2カ所ほど埋めて、畑のキュウリを収穫(2本だけでしたが)して終了。前日の激しい雷雨にもかかわらず、田んぼや用水路の水は少なかったです・・・。田んぼの一部に、雷雨の時の突風のせいか、稲がやや倒れかけている場所を発見しましたが、どうすることもできませんでした。収穫までに倒れることなく育ってくれると良いのですが・・・。
午後からは、琵琶湖博物館に行きました。知り合いの学芸員さんに連絡を取れば良かったのですが、結局予告無しに行ってしまいました。でも言わなくて良かったと思うくらいの、凄い人でした・・・博物館はとても広いので、それでも混雑しているという感じはしませんでしたが、水族展示エリアだけはさすがに子供たちに大人気で、歩く速度も遅くなるのか、混雑していました。
閉館まで3時間以上、たっぷり楽しみましたが、半日いても飽きない楽しい博物館でした。





14日は、思い立って対岸の琵琶湖バレイへ。拠点から車で1時間足らずで行ける、お手軽な避暑地です。
ゴンドラ駅の駐車場で車を停めて、ゴンドラに乗って山上へ・・・最初はひとつのゴンドラに家族全員が乗ったので暑かったですが、途中から涼しい風が・・・山上駅に着くと、天然のクーラーがよく効いていて、半袖でも肌寒いくらいです。景色も良く見えて、風も心地良く、絶好の行楽日和でした。



子供達は、まずお目当ての巨大すべり台(全長100メートル)へ。大人も一緒に行きましたが、すべり台のてっぺんから見える景色が凄かったです。すぐ右横が急な斜面で、金網はあるものの、下の景色が全部見えてプチ崖修行気分でした。
山頂は、冬はスキー場ですが夏場は気持ち良い草原。時々、黒くて丸くて奈良の若草山を思い出すものが落ちていましたが、全体的には草丈も非常に短くて、そのまま寝転んでも大丈夫なくらい綺麗でした。
午後からは、さすがに日射しが強くなって(それでも下界に比べるとかなり涼しい)、ゴンドラ山上駅近くの休憩所で昼寝をしたり、子供たちは水遊びをしたりして、のんびり過ごしました。
山上のレストランのバイキングやバーベキュー、生ビールもかなり魅力的でしたが、食事はお弁当だけ食べました。家で作ってきたおにぎりと、鶏じゃが。気持ち良い昼ご飯でした。


22:42:00 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック