Complete text -- "彦根へ応援(初日)"

12 May

彦根へ応援(初日)

大阪の自宅を朝10時に出発して、途中守山で寄り道してから彦根へ移動しました。彦根駅前で腹ごしらえをと思って、ちゃんぽんで有名なお店でちゃんぽんをいただきましたが、あまりに化学調味料の味がきつくて、しかも熱いので舌がぴりぴりしました。それでもなんとか残さず(汁は飲めませんでした)食べて、お店まで歩くこと十数分。着いたのは、1時前でした。



ランチの時間で、一番忙しそうな時にお店に入り、すぐに洗い物や珈琲をいれる補助などをしました。オープン前に想定していた豆販売は、ほとんどと言っていいほどありませんでした。マスターからも、オープン期間中は、敢えて販売よりも喫茶に重点を置いて、お店で珈琲を味わっていただくことを基本にしたいとのことでした。マスター御自身がお客だったらゆったり時間を過ごしたくなるような、そんなお店にしたい、とのお言葉に納得しました。8人掛けの大テーブル(原木の一枚板!)とその椅子(京都の若き椅子職人の力作。座り心地抜群です)に、もっともこだわりが感じられます。
でもその現場は、まだ慣れていないこともあるのでしょうか、かなり緊張感がありました。開店のお祝いの花の数々は華やかですが、香りが強くて私はかなりしんどかったです・・・。



おそらくお昼もまともに食べられないだろうと予想して、自宅からお土産を持参しました。最近、このお土産が自分でも気に入ってたりします。もちろん、忙しい中でもホッとできるきっかけを、このお土産に期待していたのもありますが・・・。珈琲によく合ったのは、言うまでもありません。


22:05:00 | macjiro | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック