Complete text -- "拠点を決める"

21 February

拠点を決める

今日は朝から夜まで滋賀県にいました。
事前にネットで不動産の物件を調べて、その中から気になる物件を実際に訪問してみようと思い、まずは守山駅前のお店へ。なかなか対応が良いお店で、第一印象とても良かったです。
自分で調べた物件のプリントを見せて、現地を訪問したい旨を説明すると、すぐに出発。駅前から車で約15分ほど、琵琶湖大橋方面に走ると、すっかり田園風景。駅から琵琶湖にかけて広大な平地なので、田んぼが多かったです。時々、野菜の畑やビニールハウスも見かけました。

 

昔からあると思われる集落に着いて、国道から少し入ったところに、その物件はありました。
事前に外観写真を見ていたので、すぐにわかりました。でも、写真と実際見るのとでは、やはり感じ方が大きく違います。もっと古くて頼り無い物件かと思っていただけに、意外でした。
一戸建ての平屋で、中はそれほど広くないですが、なんと庭付きです。家庭菜園をした痕跡があるくらいですから、何か簡単なものは栽培できそうです。本格的にするには、良質の土が足りないですが・・・。
内装や水まわりも、予想以上にきれいでした。あとはしばらく住んでみないとわからないことが多いでしょうが、判断材料としては十分です。
担当の人に、数日この物件を押さえてもらうようにお願いして、他に家探しを依頼している人に電話して、良い物件が見つかったかどうか確認します。結果として、特に見つからなかったようなので、今回のこの庭付き一戸建て物件に決めました。
・・・ようやく、来月からの拠点が決まって、ホッとしました。



夜は、あひるさんのお誘いで、不老泉の蔵元を囲む会に参加。
全員で10人弱と、非常にこじんまりとした会で、皆さんとの距離も近くて面白かったです。
お店も、入り口は素っ気無い感じで入りにくそうでしたが、中は意外と広く、入り口で靴を脱いで気楽に寛げる和のスペースでした。
皆さんは蔵訪問の帰りのようで、すでに仕込みの話などで盛り上がっていました。東京からお越しの人も数人いらっしゃいました。また初対面ながらも、偶然に共通の知人がいることがわかったりと、ただならぬご縁を感じました。
お酒を飲む勢いも皆さん凄くて、私もついつられて飲み過ぎてしまいました。何せ、種類の多かったこと・・・。

<飲んだお酒>
喜楽長 茜酒 純米しぼりたて生原酒17BY
不老泉 山廃純米吟醸中汲み16BY
不老泉 木桶仕込み山廃純米大吟醸生原酒16BY
浪乃音 純米吟醸にごり酒16BY
七本鎗 純米吟醸生原酒16BY
小笹屋竹鶴 大和雄町純米原酒15BY
神亀 真穂人17BY
若戎 純米吟醸しぼりたて生原酒17BY
山吹極 純米吟醸16BY
やまとしずく 山廃純米16BY
天の戸 五風十雨 純米吟醸16BY
(・・・私は途中で帰ったので、皆さんはもっと飲まれたことでしょう)
23:06:00 | macjiro | | TrackBacks
Comments

燗酒おやぢ wrote:

本拠地が決まると自然と気持ちも高ぶってくるのでは?
お酒の保管スペースに事欠かないことも必要条件かと。:-)
02/22/06 13:30:26

りょう wrote:

基本的なことを聞くのですが、ここはjiroさんが単身赴任っぽく利用するのですか?
02/22/06 18:04:07

あひる wrote:

たまたま、翌日のお誘いを頂いたら
滋賀にいらっしゃることがわかって、
逆にお誘いしてしまいました。

ご参加ありがとうございました。
頼りないお燗番ですみませんでした。

もう気分はマック次郎さんも「滋賀組」です。

お客様によろしく!(って今頃はもう盛り上がってる頃でしょうね)
02/22/06 19:27:52

貧乏酒屋の店長 wrote:

平屋の庭付き♪いいですねぇ〜
年をとると二階に上がるのも大変で…(いや、
私のことではないです。まだ)
02/23/06 16:02:51
Add Comments
:

:

トラックバック