Archive for October 2006

24 October

「辨天娘を味わう会」を振り返って

もう2日が過ぎたのに、まだあの時の嬉しい気持ちが続いています。
mixiでいただくコメントや、メールでいただいたお言葉、蔵元の社長さまや杜氏さまからのお言葉、そして会場の蔵朱マスターとのお話・・・。
すべてここに載せてしまいたい衝動に駆られますが、ぐっと堪えて、今回のお酒の会を自分なりに振り返ってみたいと思います。
<お酒>
1.17BY 純米吟譲(天日干山田錦) 常温保管品
2.17BY 純米(五百万石) 常温保管品
3.16BY 純米(山田錦玉栄) 常温保管品
4.16BY 純米吟譲(玉栄) 常温保管
5.16BY 純米大吟譲(山田錦) 常温保管品(10日前に2合空ける)
6.17BY 純米(自家栽培五百万石)槽汲 常温熟成生原酒
7.16BY 純米原酒(山田錦玉栄) 常温保管品
8.15BY 純米(玉栄) 常温保管品
9.17BY 純米にごり酒 常温熟成(6月に開栓、4合空ける)
10〜16. 16BY1番娘〜7番娘(蔵元さん提供) 蔵内冷暗所保管品
17. 17BY にごり酒(10番娘) 蔵内保管品
18. 17BY 純米あらばしり 冷蔵熟成生原酒
19, 17BY 純米 (自家栽培五百万石)槽汲 冷蔵熟成生原酒
このうち1.から17.までは、すべてお燗したように思います。特に常温開栓放置4か月の純米にごり酒が大好評で、常温もお燗も皆さん楽しまれ、気が付けば空き瓶となっていました。また生原酒の槽汲は、一番気になっていましたが、常温ではかなりパンチの効いた味になっていて、これがお燗したらまた様子が変わって、やわらかく深い味わいになったように思いました。
蔵元さんからのプレゼント酒、16BYの7種類のうち3種類は、私の常温保管品と同じスペックでしたが、やはり常温保管(夏は蒸し暑い大阪にて)の方が、ほんの少し熟成が進んでいたように思います。
18,と19,については、到着後冷蔵庫に保管したまま、当日お出しするのを忘れてしまっていました。・・・現在、蔵朱さんにありますので、今回参加された方は「あの時出し忘れたお酒!」とひとこと言えば、マスターが味見させて下さると思います。もちろん冷やでも良いですが、あえてお燗してみるのも面白いかもしれませんね。
<料理>
・・・につきましては、とにかく自分が育てたものが「まあまあこんなに立派になって・・・」と言いたくなる気持ちの連続でした。詳しくは、蔵朱さんのホームページ、そして参加して下さったあひるさんのブログ(料理編)(お酒編)をご覧下さい。
たくさんの写真を見て、また当日の楽しさがよみがえってきました・・・。


23:20:00 | macjiro | | TrackBacks

11 October

<満員御礼!>辨天娘を味わう会in大阪

おかげさまで、早くも定員(私を入れて17名)に達しました。
今後は、もしキャンセルが発生した場合、お知らせをする予定です。
当日、皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。

10:16:54 | macjiro | | TrackBacks