Archive for May 2008

22 May

久しぶりの九州



数年ぶりに九州へ行きました。もちろん仕事で。
今回は福岡と長崎へ。熊本は母親の実家なので、何度か行ったことはありますが、この2県はほぼ初めてです。
仕事を終えて、天神界隈のお店(居酒屋)に行ってお食事。
お酒は「ふ〜ん」といった感じでしたが(もちろん、キンキンに冷えていたので手のひらで温めましたが・・・)、食べ物、特に味付けには色々と発見がありました。
まず、お刺身。魚は普通でしたが、醤油が・・・とにかく甘い!
白身魚のお刺身は、塩だけで食べたい欲求に駆られてしまいました。
また、関西の出汁巻き玉子を想像して頼んだ玉子焼きが・・・これまた甘い!! トッピングに、一味マヨネーズと大根おろし醤油がありましたが、大根の辛さにほっとした程度で、やはり甘い醤油が・・・。
焼き物や揚げ物には、ちゃんと塩をつけてくれたので助かりましたが、この甘い味付けにはなかなか慣れません・・・。
だからでしょうか、日本酒メニューにはすっきり系が多かったのは。
翌日の午後からは、長崎へ。といっても長崎空港すぐ近くの大村市の酒屋さんを訪問しただけで、夕方には飛行機で大阪へ。
大村駅前の、いかにも地元食材が売られていそうなお店で、お土産を購入。特に自家用には、地元のお菓子や食材(ゆず胡椒、鉄火味噌など)といった、大阪では見かけないものについつい手が出て、たくさん買ってしまいました。
特に気に入ったのが、このゆず胡椒。農家さんの手作りで、100gもの量が入って、なんと300円! 地元メーカーものの半額以下でした。単に安いという価値だけでなく、瓶の外から見ても分かるくらい緑色が鮮やか。実際に蓋を開けてみると、予想以上にジューシーなもので、美味しかったです。今回一番のお買い得でした。
他のお土産は・・・お菓子は、やはり、甘い!
鉄火味噌も、かなり甘めでしたが、これはこれで美味しかったです。具沢山(根菜、豆、いりこ)なのがまた良かったです。


22:54:00 | macjiro | | TrackBacks

04 May

粽三昧



農繁期に入って、田んぼ作業も徐々にペースが上がってきています。そんな中、農作業つながりの方(いよさん)から、粽(ちまき)作りのワークショップのお誘いがありましたので、参加しました。会場は、京都・岩倉の師匠宅。石臼や、おくどさんが普通に使える、いまどき不思議な農家さんです。
粽の材料は、もちろんお米。去年育てたもち米(古代米のみどりもち)とコシヒカリを、石臼であらかじめ粉にしていただきました。当日朝も、少しだけですが興味がある人たちを中心に、ゴロゴロと音を立てて挽いていました。
挽いた粉を水で練る係、おくどさんに薪をくべて蒸す係、粽を入れる容器(青竹を切り出して作成)を作る係、そしてお昼ご飯用の中華ちまきを準備する係と、各自分かれます。私は、青竹の切り出し、薪割りやおくどさんのお守り役、蒸した粽を石臼に入れて杵で搗く係など、主に力仕事を担当しました。
最初の粽が出来上がると、笹の葉(これだけは購入された)に各自包んでみます。包み方は、呼びかけ人のいよさんの従兄弟で、祇園で料理人をされている方を講師に、教えていただきながらチャレンジします。本来は2〜3枚の笹を使うところを、1枚で包むので難易度が高いです・・・つい欲張って、中身の粽を多めに入れますが、講師にあっさり半分削られてしまいました。でも、ひとつは割と見栄え良く包めましたし、何より笹の香りが心地良く、蒸し米の香りとともに、とても好きな香りに包まれました。
2臼分を搗き終わったところで、お昼ご飯に。蒸しあがった中華ちまきはもちろん、参加された方の持ち寄りおかずや、プロ顔負けの美味しい天然酵母のパンなどで、お腹いっぱいになりました。
この日は、お昼前から強い日差しに照りつけられ、しかも私はおくどさんのお守りもあって暑さで体力消耗気味でしたので、持参した梅酒(去年漬けた純米梅酒)をロックや軽く氷水で割って味わいました。もちろん参加された皆さん(のうち、車を運転しない人)にも味わっていただき、純米酒で漬けた梅酒のまろやかな美味しさを知っていただきました。
後半は、梅酒のクエン酸やブドウ糖効果もあって、体力回復。残りの3臼も連続して搗き、順次容器に入れて、各自持ち帰り用にしました。最後の分で作っていただいた、粒餡入りの団子も、これまた疲れを癒す美味しさで、昼食後なのに3つか4つは平らげてしまいました。



たっぷり食べて満足した皆さんが解散された後、気になっていた稲の苗の状況を確認します。
実はお昼前にも、師匠とともに水遣りをしに行ったのですが、夕方になるとまた水が欲しそうな状態に。品種によって差はありますが、おおむね順調に発芽・成長しているようで、ひと安心です。
22:29:00 | macjiro | | TrackBacks