Archive for December 2011

11 December

残念会の忘年会

守口の酒屋さんで開催された「純米燗酒の勉強会と忘年会」に、飛び入り参加しました。ちなみにこの酒屋さんで定期的に開催されるお酒の会や燗酒キャンプは、なぜか「残念会」という名称・・・。
お酒は、これまでのお酒の会や勉強会の残酒が中心ですが、持ち込みもOKとのことで、若桜の蔵の純米酒2種類(10月29日の会の残酒)を持参しました。

null

午後2時から始められた勉強会・・・ですが、集まったのはお馴染みの顔ぶれ。とりあえず、純米酒と純米にごり酒の各3種類をブラインドテイスティングしましたが、ここの酒屋が取り扱っているお酒を冷やで飲み比べても、テンションは上がらず。すぐにお燗をつけて、各自持ち込みのアテとともに味わいました。



私は、畑のカボチャとサツマイモの甘辛煮、そして熊本の従兄弟が経営している農場から送られてきたハーブ入りソーセージを持参。どちらも好評で、純米燗酒にもよく合いました。特にソーセージが人気で、すぐになくなりました・・・もっと持参すれば良かったですね。
他の方のアテも、選りすぐりで手をかけられたものが多く、「かんずり」が隠し味の自家製唐揚げ、牡蠣のオイル漬け、鰤の刺身、そして酒屋さん提供のおでんなどに舌鼓を打ちました。

調子が良くなってきた頃に、梅田は阪急東通りにある飲食店の日本酒担当の方が登場。忘年会モードが急に「勉強会」に逆戻りしました(笑)。
今までと違い、いわゆる「大箱」的キャパの知名度がある居酒屋が純米燗酒に真剣に取り組むというあっぱれな心がけに、一同盛り上がります。
お燗をつける、ただそれだけのことですが、レンジ燗と湯煎燗についての意見交換や、燗つけ道具の違いによる味わいの確認、同じ温度を下から合わせた場合と10度以上オーバーしてから下げて合わせた場合の味わいの違い・・・などなど、各自燗酒について思うところを実践し、楽しく飲みました。

気がつくと、6時間も同じ場所で飲み続け、すっかり夜に。
いずれお店に伺いたい思いを秘めつつ、飲食店の方や参加された方とともに語りながら帰路につきました。



22:28:00 | macjiro | | TrackBacks