Archive for 06 June 2010

06 June

有志の試飲会

田植えイベント予備日として予定を空けていた6月6日。実はその日参加したかった予定が2件あったのですが、どちらも早い時点でお断りしていました。ただ、前日夜の返事でも構わないというお誘い(しかも数日前)が1件あったので、それだけは保留していました。
そして5日・・・田植えイベントが無事終了したので、声をかけていただいていた滋賀の姉御に、6日参加する旨の返事をしました。

null

やって来たのは、蔵付き酵母の山廃仕込みで有名な湖北のお蔵。数年前の呑み切り以来、久しぶりの訪問です。しかも今回の目的も・・・お酒の試飲だったりします。
今年のお酒の火入れと生のうち、一番早く商品化できそうなものを選ぶというのが今回のお題。目的が明確なので、試飲(といっても全部飲み込みましたが)もそれに沿った視点で、客観的に実施。
自分なりの結論を出して、蔵元に報告して、お役目?終了。
その後は、去年のお酒との垂直試飲や、温度を変えて(マイ錫ちろり持参してました・・・)の試飲なども実施。ひとつのお酒の様々な顔を、参加した皆さんと楽しみました。
しかし・・・ここのお蔵のへヴィーユーザーでもなく、かといって初心者でもない私が声をかけられたのは・・・もしかして、お燗のため?(笑)





ゆったり2時間以上試飲した後は、姉御おすすめの北小松「ひろせ」へ。私は初めてでしたが、本当に駅前にど〜んと構えたお店でした(笑)
でも料理は本格派。滋賀は湖西の内陸地で、新鮮な海の幸が豊富に味わえるなんて驚きです。岩ガキは今シーズン初。毛ガニも無理言っていただきました。お刺身や煮魚も、行きつけの居酒屋に匹敵するほどの内容でした。煮魚の付け合わせの煮野菜がまた美味しかった〜。
お酒は持ち込みで、常温で味わいました。お燗をつけても良かったのですが、お店にこれ以上無理言ってお燗セット(お湯さえあれば良かったのですが)を所望するのも悪い気がしたし、常温でバランスが取れる、適度に熟成した(レアものの)お酒たちだったので・・・。個人的には、お燗つけるとお酒が足りなくなるのではないかとの心配もありましたが。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、午後9時に。閉店時間でもあったのでお開きに。急いで湖西線に乗り、帰路につきました・・・帰宅は、予定を1時間オーバーの11時半でした。


23:58:00 | macjiro | | TrackBacks