Archive for August 2010

28 August

酒バーあべたや

奈良県は田原本の地酒専門店からのお誘いで、地酒と音楽のイベントに参加しました。
このイベント、今回で4回目だそうですが、本格的な生バンド演奏と豊富な地酒、そして上質の肴(お弁当)がリーズナブルに楽しめるとのことで、毎回大人気です。
この日も、定員(30名)を上回る参加者と、5つの蔵元直々のお酒提供で大変賑わいました。



実はこのイベント、土曜日開催は今回が初めて。半年ほど前に、酒屋さんとマーキーさんと一緒に呑んだ時に、
「次回はぜひ土曜日の夜にしましょうよ〜(自分が参加しやすいから)」
と私が言ったことを取り入れて下さったからかどうかは定かではありませんが・・・実際こうして土曜日に企画して下さった以上、言いだしっぺとしては絶対参加しなくては!と思った次第。

当日は、早朝から畑に出掛けて、差し入れ用の西瓜(6キロ級)を1玉収穫。昼過ぎに自宅に戻ってシャワーで汗を流し、午後4時過ぎに自宅を出発。開催時間の1時間半前に、会場である酒屋さんに着きました。酒屋さん訪問は、以前某蔵の営業をしていた頃以来で、随分ご無沙汰でした。
着くと、すでに会場の設営準備が始まっていました。マーキーさんと共に私も準備のお手伝いを少しだけして、その後気になっていた西瓜をまず半分に切りました。今回も見事な完熟西瓜で、色も真っ赤に近く、果汁たっぷりでした。

null

午後7時に会が始まり、前半の1時間はお酒を楽しむ時間。乾杯のあと参加蔵元の紹介と、各蔵のお酒をはじめ今回の出品酒14種類を順次味わいました。
2種類は燗酒として提供することになっており、お燗番を仰せつかったためスタートから燗酒も提供可能な状態にしていました・・・が、最初から燗酒呑んでいるのは私ほか数えるほど。でも後半になると燗酒も次々とリクエストが入り、ちろりの回転も速くなりました。



後半には生バンド演奏や歌も盛り上がり、アンコールもあって午後9時過ぎまでたっぷり楽しみました。私は8時半過ぎに西瓜を42人分(実は全員で44人いらしたそうですが・・・)切り分け、ラストの曲の前くらいで配り歩きました。数人の方が遠慮された以外、ほとんどの方に食べて頂いたので、重かったけど頑張って持ってきた甲斐がありました。

23:09:00 | macjiro | | TrackBacks

24 August

出張お燗番予告

滋賀のお酒仲間つながりで、9月20日にイベントに参加しますので、そのお知らせをば・・・。

null

滋賀の日本酒をもっと知ろう!
「酒と語りと醸し(かもし)と私」

期日:平成22年9月20日(月・祝)14時〜17時
会場:旧大津公会堂
(滋賀県大津市浜大津1丁目4番1号※京阪浜大津駅より徒歩約1分)
入場料:1人500円(信楽焼きぐい呑み1コ付)
定員:150名
※おかげさまで定員に達しましたので、募集は締め切りました。
参加(予定):滋賀の日本酒蔵元12名、滋賀の発酵食品メーカー

内容:
お酒はボランティアがサーブ(提供)します。
参加される皆さんは、お酒を味わいながら蔵元さんとじっくりたっぷり話していただきます!
   
会場でのお酒の楽しみ方は・・・
チケット1枚(100円相当。受付で販売します)で日本酒(ぐい呑み1杯分の量。約30ml)が味わえます。
例えば、12種類(参加蔵元の数)ならチケット12枚(1200円分)を購入していただき、1杯ごとにチケット1枚と交換いたします。

日本酒の特長でもある「お燗」も味わってもらえるよう、燗番娘(あるいは息子)がお燗をつけるコーナーも。
私はお燗番のお手伝いをすることになります・・・。
*お燗は1杯分単位ではなく、5杯分(500円)単位になります。

また発酵食品各ブースでは、ちょっとした酒の肴を販売する予定です。こちらもチケット(100円〜300円くらい?)で購入していただけますので、お酒との相性を楽しめますよ。

問合せ: 
 滋賀県大津市浜大津2丁目1-31 
 小川酒店 布施明美(実行委員・酔醸会)
 電話077‐524‐2203  FAX077‐524‐2212
お申込メールアドレス:ogawa.l@chive.ocn.ne.jp

21:20:16 | macjiro | | TrackBacks

13 August

新規開拓

お盆期間初めの13日の金曜日(仏滅)の夜、久しぶりにひとりでふらふらと飲み歩きをしました。
まずは先月の燗酒キャンプで聞いた、純米燗酒が飲める新しいお店・・・その名も「燗の美穂」からスタート。

null

お酒は、山中酒の店のラインナップがメイン。それもそのはず、店主の美穂さんは山中直営店で数年働き、この度独立開業をされたとのこと。
最初は、「旭菊 綾花」特別純米20BYから。あの事件以来、この銘柄を見るとつい頼んでしまいます・・・ささやかな応援ということで。
次に、13BYというヴィンテージに惹かれて頼んだ「東洋美人」山廃純米。50度手前あたりで提供され、ひと口味わって・・・つい「もう少し上げてもらえますか?」とお願いしてしまいました。
お燗の温度は、基本は飲む人の好みではありますが、熟成酒でもボディのしっかりしたものは、思い切って上げてみるのも面白いです。このお酒は、60度超えで切れの良さを発揮。料理に合う食中酒となりました。



肴は、付出し3種(豆鯵の生姜煮、厚揚げと野菜の煮浸し、ゴーヤーの佃煮)の他に、するめいかのポテトサラダ、モロヘイヤと生湯葉のお浸しを注文。いずれもお酒の微妙な味を邪魔しない、やさしい味わいでした。

ちょうど1時間ほどで、次のお店へ。前回から2週間ほどですが、覚えてくれていました。
今回は、さすがに顔見知りにはお会いしませんでしたので、その場のお客さんの話に入ったり、スタッフの燗番娘さんとお話したり。適当に楽しみました。

その後は、いつもの居酒屋へ・・・。
珍しく3軒ハシゴ酒の夜でした。

「燗の美穂」
大阪市中央区博労町2-6-14
TEL/FAX 06-6281-8007
OPEN 17:00〜24:00
日曜日 15:00〜22:00
定休日 水曜日

23:21:00 | macjiro | | TrackBacks