Archive for March 2010

30 March

育苗スタート

京都では時ならぬ雪となった前夜・・・明けて午前11時に岩倉に着くと、日陰には雪が残っていました。東南に見える比叡山も、うっすら雪化粧したまま。
そんなコンディションですが、いよいよ今年のお米作りのスケジュールを決定する、種籾の湯温消毒の作業が始まりました。
(写真はこちら
今年は、去年と同じくコシヒカリ・赤米・黒米・緑もちの4種類を作付予定。コシヒカリと緑もちは多め、赤米と黒米は少なめです。

作業自体は単純。田んぼの師匠のお風呂場を使って、湯船に70度近いお湯をため、そこに種籾を消毒用の大きなザルに入れて、数分間(お湯の温度によって時間は変わる)撹拌しながら湯煎します。
私も今年で5回目ですので、段取りは頭の中に入っており、師匠ほか数人でテキパキとこなします。4種類を湯煎6回、午後1時頃から約1時間半で終えました。

その後、余った時間で私はナスの種まきを実施。
(写真はこちら
育苗ポット25鉢に、この日購入した培養土(いつもよりちょっと良いもの)を入れ、ナスの種を2〜3粒ずつまきます。軽く覆土して、保温と雨対策のため籾殻を被せ、さらに全体に寒冷紗をかけて終了。
実際、ナスを種から育てるのは、私も含めて皆初めてなので、これから約2ヶ月間、様子を見ながら対応したいと思います。

さて次回は、1週間遅れている葉物3種(コマツナ・シュンギク・ホウレンソウ)の種まき。4月3日(土)作業予定です。さらに余力があれば、昨年の秋に開墾した第2圃場(畑)の整備をします。

21:59:00 | macjiro | | TrackBacks

23 March

土筆を味わう

null null

こちらでは久しぶりの更新です。
22日に野洲の畑で、子どもたちに採ってもらった大量の土筆・・・アクがまわらないうちにと、翌日のお昼前に下処理をしました。
一番面倒な袴取りは、私と子どもたち、そして朝から来ていただいていた祖母とで、約1時間かけてクリア。
何度か洗って水に浸すこと30分。浸し水も3回ほど換えます。
その後、寸胴鍋で湯を沸かして、さっと2〜3分湯がき(熱湯消毒も兼ねて)ます。そしてまた、水に浸すこと30分・・・。
ここまですれば、苦みやエグミはほとんど消えました。

null

半分をバター醤油で炒め、玉子でとじます。残り半分は、厚手の片手鍋で濃いめの煮汁を作り、落とし蓋をしてじっくり煮込みます。
さすがにお昼ご飯には間に合わなかったので、夕食に味わいました。
ただ、せっかく土筆採りから活躍してくれた子ども達の口にはあまり合わなかったようで、煮たものを少し食べたくらいで「もういらない・・・」と残してしまいました。まあ、旬のものではあっても、それほど美味しいものではないから仕方がないのですが・・・。


16:28:00 | macjiro | | TrackBacks