Archive for February 2009

12 February

春ジャガの準備



珍しく暖かいと感じたこの日、今年初めて畑を耕しました。
まずは、ジャガイモを育てる畝の選定。乾きすぎず、湿りすぎない場所と考えて、畑の真ん中の畝に。去年は春にスナップエンドウ、夏にはカボチャを育てていた畝です。
表面の雑草を、鍬で削るように耕します。かなり多くのミミズが出てきましたが、申し訳ないことにこの時点で3割ほどが昇天・・・。
その後、ミニ耕運機で土を細かく砕きます。事前に購入していた肥料(今回は牛ふん堆肥と腐葉土の組み合わせ)を撒き、仕上げに鍬で平たく均しながら土と混ぜます。
去年までは、ジャガイモは深く植えて不織布マルチをして、あとは放置(芽が出たらマルチを破って芽かきするだけ)。肥料も元肥のみでした。
今年は、地主さんの方式(マルチなし、浅植え、芽が出たら土をかぶせる)にチャレンジしようと思います。青いジャガイモ(食べられない)の率を減らして、収穫量を2割アップ。お裾分けできるほど収穫できれば良いなと思います。

22:15:00 | macjiro | | TrackBacks

08 February

真冬の棚田



例年この時期の仰木は、雪が残っていたりしますが、今年はこんな感じです。年末ぎりぎりに稲刈りした赤米が、まだ稲木に架けられたまま残っています。脱穀することなく新年を迎えてしまい、その後の寒波やらでそのまま・・・そして今は、猿の家族が冬の食糧として食べに来ていました。
1月末からインフルエンザにかかってしまい、約10日田畑に来ることができませんでした。幸いこの時期、ひとりでは特にすることがないので、畑では冬越しの野菜(ダイコン・コマツナ・ミズナ・エンドウ・ソラマメ)の成長を確認する程度。そろそろ春ジャガを植える畝の選定(毎回畝を変えています)と、元肥の仕込みをしなくては・・・。
仰木の棚田をあとにして、あまりに良い天気だったので久しぶりに車を長時間運転。湖西道路を北上して、高島からマキノへ。追坂峠で休憩と買い物をして、今度は8号線へ。ひたすら南下して野洲へ戻りました。途中、良く知っているいくつかのお蔵に立ち寄ろうかとも思いましたが、アポもないし一番忙しい頃だろうと断念。すぐ近くを通っているという気持ちだけで我慢しました。
仰木から野洲まで約4時間。琵琶湖大橋のありがたさを改めて感じた午後でした。

21:18:21 | macjiro | | TrackBacks