Archive for January 2009

24 January

黒豆味噌を仕込む



年明け一番の寒波が来そうな今日、野洲の畑で育て、年末に収穫した黒豆で味噌を仕込みました。原材料は黒豆と米麹(乾燥)各1キロ弱と、塩400グラムのみ。
前日の夜に麹と塩を混ぜて「塩切り麹」にして、黒豆は倍以上の水に漬けておきます。味噌を熟成させる容器類、味噌を仕込む時に使う道具類(今回はフードプロセッサー使用)を洗って消毒。
そして当日・・・1キロ弱の豆とはいえ、水を吸うと倍以上の物量に。豆を煮る圧力鍋には入りきらないので、二回に分けて仕込むことにしました。写真は初回分、午前中に仕込んだ味噌です。去年の夏〜冬まで梅干しを漬けていた甕に、ちょうど良い具合に入りました。丹波黒豆のように真っ黒にはならず、煮上がりの色は紫がかったこげ茶色なので、潰すと薄紫になりました。あまり食欲をそそる色ではないのですが、味見した限りでは美味しく煮えていました。
午後からは残り半分を仕込みます。たぶん、午前の分とは違う味の味噌になることと思います・・・。


13:57:54 | macjiro | | TrackBacks

19 January

ムシパン新年会



今日は、近所のムシパン専門店主催の新年会に参加。去年に続き二回目です。会場も、去年に続き「味園」の大宴会場(ステージ付き)でした。
やや傷みが目立つ畳と座布団に座り、ちゃぶ台を連想させる円卓を囲んだ先には・・・ジンギスカン、いやヂンギスカンのセット。肉厚の羊肉が、大皿に牡丹の花のように並んでいます。隣の大皿には、大量の野菜(半分以上モヤシ)。飲み物は、飲み放題メニューでしたが、きっちりビール(クラシックラガー)だけを、終始飲み続けました。
食事は、とにかく満腹になりました。最後は焼きそばも頂きましたが、さすがにご飯は食べられず・・・。
今年は主催スタッフがいろいろと出し物をしてくれまして、ある時は学芸会っぽく、またある時はライブハウスっぽい空間を楽しむことができました。
そして最後のお楽しみは、お土産の特製ムシパン。非売品(今後も商品化することはないそうです)とのことで、ムシパンファンにはたまりません・・・味の方は、またいずれ。

23:18:39 | macjiro | | TrackBacks

10 January

酒粕から育てる

この時期、酒粕が手に入るとつい広口瓶で育ててしまいます…酵母を。
酒粕と水とご飯で、常温(15度前後)で醗酵してくれるので、手間いらず。
育てた酵母入りの液体(米粒入り)を粉の三割ほど混ぜて、コタツで数時間置けば生地も出来上がります。
あとはオーブンで20分。こんな感じです。


07:06:27 | macjiro | | TrackBacks

06 January

初畑



今年初めての畑。まずは空豆の植え替えから作業開始です。
年末年始はぐずついた天気が多かったとの地主さんの奥様の情報も。確かに、相変わらず畑は湿気ていました。
今日は珍しく晴天に恵まれましたが、やはり午後からは北西の季節風が湖西の山々から琵琶湖を通って、野洲まで届きます。長靴を履いて作業していても、足腰が冷えてきます・・・。
空豆の苗は、たった8つしかありませんので、植え替え作業は数十分で終了。その後はエンドウの支柱とつる巻き用の藁などを準備して終わりました。
この日の収穫は、自分の畑からはニンジンとネギ少々。まったく自給には程遠い状態です。ありがたいことに、地主さんの畑からダイコン、ハクサイ、ネギ、ホウレンソウをいただき、お土産はどっさり。これで今週の野菜は万全です。

14:57:53 | macjiro | | TrackBacks