Archive for 25 May 2008

25 May

緊急対応



4月中旬に籾播きした、今年田んぼに植える稲の苗・・・5月中旬まで雨が少なくて、ちょっと育ちが悪いと師匠からの知らせ。
育苗箱に入れている土(培土)の肥料成分が、約1ヶ月しか効果がないことと合わせて、これから1〜2週間の間に緊急対応をすることになりました。
まずは、毎日の水遣りの時(これは師匠と、その近所にいらっしゃる助っ人の方にお任せ・・・)に、尿素(植物の栄養源である窒素のもととなる)を希釈して散布することに。ただの水遣りなら、ホースから散布すれば良いのですが、尿素入りとなると、如雨露で地道にやることになります。
さらに、以前に小麦や大豆を育てた畑(数年前までは苗代用田んぼだった)を、昔の苗代にして、そこへ水を張って、育苗箱ごと苗を浮かべる(いわゆるプール苗状態)作業を決行。
金曜日は、その準備として田んぼ周囲の溝掘りや、盛り上がった部分を鍬で掘って平均にしたり・・・すべて手作業でした。
そして天気予報通り、土曜日から日曜日にかけて雨がしっかり降って・・・写真のように、たっぷり水が溜まりました。
日曜日は、午後から野洲へ行って少し畑の世話をして、カラスにやられたエンドウやイチゴを片付けつつ、カラス対策の糸張りなどをしてから、京都へ移動。
午後3時過ぎでしたが、苗を移動させている現場に参戦。単純に人海戦術の作業でしたので、わずか2時間ほどでしたが、役に立てたようで何よりでした。
順調に苗が成長してくれたら、代掻き作業を経て、いよいよ田植え本番となります。
初日は、おそらく6月1日(日曜日)。湖西は仰木の棚田からスタートの予定です。


22:59:00 | macjiro | | TrackBacks