Archive for 22 February 2008

22 February

あっという間の5時間

急に決まった東京出張の夜。
出発の2日前に声をかけたのに、快く付き合って下さった、日本酒と滋賀つながりのお二人とともに、大好きな上石神井の居酒屋を訪れました。
お二人と駅で待ち合わせして、店に入ったのが7時ジャスト。ほかならぬ飲み会とあらば、時間をきっちり守るんだね〜とお互い笑ってしまいました。
しかも、聞けば実はお二人ともにこの地と浅からぬ縁があるとのこと。比較的新しいこのお店についても、お二人とも初めてとのことでした。
まずは瓶ビール(エビス)で軽く乾杯。この一杯は、俗世間から日本酒の世界に突入するパスポートであり、また「さあ、食べて飲むぞ!」モードに自分を切り替えるスイッチでもあります。
日本酒メニューに書いてある、上と下の銘柄から順番に頼んで、もちろんすべてお燗で味わいます。料理も、付き合ってくれたお二人にお任せで、前半はがっつり系を、後半はだらだらアテ系を頼みます。
話す内容は、本当に次から次へとほとばしるように生まれてきます。それぞれ特に久しぶりというわけでもないのに、話したいことがいっぱい。しかも旨い燗酒とアテを味わいながら、至福の時間を過ごします。
また、知人のひとりに差し上げるつもり(お店に入る前に差し上げたのですが)で持参した、私と同じ年のお酒も、ご好意で1合だけお燗して、私たちと店主とで味わいました。このお酒の価格をこっそり教えると、すぐにでも買っていただけそうな勢いに、ちょっと驚きました。でも自分でも愛着があるお酒なので、嬉しく思います。あとは、どういう手段でお酒を届けるか、が課題ですが・・・。
話は尽きることなく、お酒もメニューの半分くらい味わったところで、ふと気がつくと(私は気がつかなかったのですが)、すでに日付が変わっていました!
店主に最大限の感謝の意(もちろんお財布的にも!)を伝えつつ、慌てて駅へ走りました。
本来なら、終電(各駅停車)に間に合うかどうかという時間でしたが、幸運にもダイヤが乱れていて、最終の準急に乗れました。更にJRも最終の山手線に間に合い、何とか宿に戻ることができました。
・・・そんなわけで、もともと食べだしたらほとんど写真を撮らない私ですが、今回は写真を撮ることもすっかり忘れるほど楽しんだ、あっという間の5時間でした。

22:26:00 | macjiro | | TrackBacks