Archive for 23 November 2008

23 November

感謝して勤労する

null

収穫祭の翌日(勤労感謝の日)は、午前中から自宅を出発して野洲へ電車で移動。午前9時半の大阪駅発の新快速は、大行列・・・案の定、乗車したものの通勤ラッシュもかくやという超満員。こんな電車に乗るのは久しぶりです・・・。
それもそのはず、三連休のうち24日は雨の予報で、しかも紅葉シーズン真っ最中。乗客のほとんどは、京都駅で下車しました。
あまりの混雑に、電車も数分遅れで野洲駅に到着。野洲駅から畑まで自転車(駅前に預けている)、畑からは農作業専用車(畑の地主さん宅に置かせていただいている)を駆って琵琶湖大橋を渡って、対岸の大津市は仰木の棚田へ。予定ではすでに師匠チームが作業を開始している・・・はずが、誰もいませんでした。
しかも田んぼを見ると、前回はざ掛けした稲木が、先週の突風で倒れています・・・。緑米(モチ種)は、そろそろ刈り入れ時を迎えていますが、ぐるっと一周して見てみると、相当獣害を受けて、倒されていたり穂先を齧られていたり。年末の餅つきで美味しいお餅をたっぷり味わうためにも、今日は稲刈りを決行しなければ!との思いが強くなりました。
正午を過ぎて、ようやく師匠チームが京都市内から到着。どうやら紅葉シーズンの影響で、いつものルート(八瀬〜大原〜途中峠)が大渋滞で、引き返して山中越えルートで来たとのこと。あの新快速の混雑ぶりから連想して、メールを送ってあげれば良かった・・・と後悔しきり。
師匠に状況報告をして、緑米の稲刈りを優先するよう進言すると、その通りに作業を開始。コンバインが入れるように手分けして手刈り。またコンバインが入れなさそうなぬかるみの稲も手刈りしました。一方で、昼食の用意をするチームも作業開始。簡易かまどに火を起こすところまでは私が準備して、あとはお任せしました。

null null null

午後2時頃、ようやくお昼ご飯となりました。お釜で炊いたご飯に、参加されたご家族(この日は3家族)それぞれが持参して下さったおかず(カレーは鍋ごと!)をいただきました。私からは、前日いただいた若桜のお蔵特製の奈良漬を提供。また、プロ並みの味でおなじみの京さん特製パンも久しぶりに味わえて幸せでした。
食後の休憩もそこそこに、師匠はコンバインで、私は稲刈り鎌を手にふたたび作業開始。午後3時半には、何とか田んぼ1枚分の収穫が終わりました。1段下の田んぼも同じお米ですが、ぬかるんだ場所の手刈りのみでこの日は終了。
その後、倒れた稲木二つのうちの一つから稲束を救い出して、コンバインで脱穀作業。これは30分程度で終わりましたが、もう日暮れ前・・・もう一つの稲木を起こして、この日の作業は日没終了となりました。
山の水と土の力だけで、今年は特に雑草も繁茂することなく(師匠の水管理が奏功しました)、多くの実りをもたらしてくれた稲たちに素直に感謝しつつ、心地良い疲れを感じながら、もと来たルートを帰りました・・・野洲に着いたら真っ暗で、結局この日は畑作業することなく、自宅への帰路につきました。

22:40:00 | macjiro | | TrackBacks