Archive for July 2008

29 July

カラスの被害ふたたび



前日の大雨のなごりか、今日も朝から雨模様。でも雨雲の動きを予測して、滋賀は大丈夫と考えて出発。途中、電車のトラブルもあって昼過ぎに野洲の畑に到着。予想通り、晴れ間が出る程度の過ごし易い天気(むしろ、蒸し暑いくらい)でした。
まずは、大きくなっているだろうスイカが無事かどうか確認・・・すると、スイカの畝のあたりにカラスが3羽ほどいるのを発見。私が近づくのに気づいて飛び去ったあとには・・・畝にあった3個のスイカのうち、2個がカラスの餌食となっていました(涙)。
被害にあった2個のスイカは、カラス対策をしていたエリアからややはみ出していた実。エリア内の1個は、無事でした。さっそく急いで収穫して、すぐに車に避難させました。
じっくり畑を見回すと、トマトも対策エリアからはみ出した実を1個つついていました。まだ赤くなり始めたばかりなのに・・・。トマトはその1個だけで、他の10個ほどはすべてエリア内。でも気になって、少し赤くなってきたものを優先的に収穫。
メロン(真桑瓜に近いですが)は、対策エリア内のもので、甘い香りが出始めたものや、実が割れ始めたものを収穫。こちらはカラスの被害は今のところ無し。
キュウリもとうとう、何本か被害が出ていました。本当に、カラスって何でも食べるんだなあ・・・。
ナス・万願寺唐辛子・オクラは被害なし。ただしカメムシニジュウヤホシテントウが大発生して、凄まじい勢いでナスの葉を食害していたので、1時間弱ずっと害虫退治(ゆすって落して踏み潰す、押し潰すの物理的方法で)をしていました。
オクラの花が次々と咲いて、実も次々と大きくなってきているので、毎回4〜6本収穫。オクラの花の綺麗さに、心も少し和みます。
帰宅して、さっそくメロンを賞味。網目のある高級メロンには及びませんが、家族が意外とよく食べてくれたのが、ちょっと嬉しかったです。


23:49:43 | macjiro | | TrackBacks

21 July

なんばで野菜三昧



大阪府有機農業研究会の代表になられた森田さんのお知らせを受けて、なんば米印近辺にて開催されている「大阪こだわり食材屋台市」を見に行ってきました。
大阪府内の農家(野菜・畜産)と業界で有名な飲食店とのコラボレーション屋台(もちろん、ここでしか味わえないものばかり)、そして生産農家によるファーマーズマーケットとが合体したイベント。マーケットで売られている食材を使った料理も多く、野菜自慢や肉自慢の生産者と、料理自慢の店主との良いぶつかり合いが感じられました。
たまたま、誰に言うともなくふらっと訪問したのですが、すぐに知り合いと出会うことができました。日本酒つながり(ライターさん、飲み友達、酒屋さんに但馬の蔵元さんまで)や、いつもお世話になっている空庭さんまで・・・わずか1時間半ほどの滞在なのに、この確率の高さは何なのでしょうか?
料理に舌鼓を打ちながら、お酒の話や畑の話など堪能しました。もちろん、森田さんにもお会いできました。このような楽しい機会を作って下さった森田さんと、森田さんに賛同された農家さんや料理人の方々に、感謝!
その後、予約していたお酒の会に参加するため、松屋町筋の居酒屋へ。これも偶然お会いした、同じ会に参加する飲み友達と共に、やや遅刻しながら到着。私たちが最後だったようで、少しお待たせしてしまいました・・・。
お酒の会では、お燗と料理の相性や、割り水による飲み易さや料理との合わせ方について、今回のゲストである大先達(神田の居酒屋で燗番娘として有名だった方・・・今は奈良の蔵の蔵人)のお話を聞きながら堪能しました。
偶然、すぐ近くの席に座らせていただいたので、普段疑問に思っていることや、自己流ゆえに自信がなかったことについて、ここぞとばかりに次々と質問しました。
特に、お酒と料理との相性を見抜くコツは? と聞くと・・・やはり経験と感性であるとのこと。特に経験は大事だと実感するとともに、今後も積極的に人体実験をやっていこうと思いました。



23:38:00 | macjiro | | TrackBacks

20 July

スイカリベンジ成功!

null

火曜日に収穫した、2個目のスイカ。
この日、懲りずにまた兄の家に持参して、義姉に切ってもらいました。
結果は・・・今回は、成功!
ちゃんと赤く熟して(むしろタナ落ち寸前)ました。
切り分けてもらって、半分を皆で味わうと・・・甘い!!
写真では、白い部分が多いですが、この白い部分まで柔らかくて美味しかったです。
残り半分は、そのまま兄の家に置いて帰りました。畑には、まだ4個ほどのスイカが順次育ってきていますので、この夏の楽しみがまだまだ続きます。
あ、もちろん今回のスイカの種も、ちゃんと採集しておきました。
はたして来年、種から育てることができるでしょうか・・・?



22:42:00 | macjiro | | TrackBacks

17 July

京橋「あじあん」訪問

null null null

遅い時間の仕事を終えて、蔵の仲間とともにこの日の仕事場(太閤園)近くのお店を訪問しました。
店長さんとは、すでに面識がありましたが、今回ちょうど良い機会でしたので(蔵のお酒もオンメニューされているとの情報を受けて)、ぜひにとお邪魔しました。
このお店のおすすめメニューは、韓国家庭料理。私たちは、まずチャンジャ・チヂミ・チョレギサラダなどを頼みました。合わせるお酒は、もちろん生ビール!
途中で、ゴーヤーチャンプルーも頼んで、かなり冒険的に日本酒(こちらのお店では純米酒のみ)を合わせてみようと思い、2銘柄ほどを試してみます・・・が、そのうち1銘柄は、燗酒にしていただいたのですが、やはりこれらの個性的なアテには力不足でした。
純米にごりのラインナップがあると、ある程度合わせることができたのかなあと思ったりしましたが、それにしても純米酒だけで10種類以上ものラインナップを揃え、どれでもお燗可能というのですから、京橋界隈で日本酒を味わうには、かなり貴重なお店ではないでしょうか?
ちなみに、和食のアテも数多く取り揃えておられますので、無理に韓国料理と日本酒を合わせる必要もなかったりします。
今回は、最初に頼んだ料理があまりにボリュームがあったため、和食のアテにたどりつくことができなかっただけですので・・・。

23:28:00 | macjiro | | TrackBacks

10 July

夏野菜三昧



このところ、3日ごとに畑のキュウリを収穫する日々です。
3日ごとに、市販の2〜3倍の大きさのものが2〜3本、市販程度のものが3〜4本、やや小さめや曲がったものなどが4〜5本といった収穫ですので、当然我が家だけでは食べきれず、実家や行きつけの居酒屋などにおすそ分けしております。また、小さめのものは3日おきに3本ずつ、軽く塩をして3日、粕床(使いまわし)を塗って3日のスパンで即席漬物にして食べます。
ナス(長ナス)や万願寺唐辛子は、たった2株ですが3日おきに2〜3本収穫できます。これはおもに自宅で消費できるペースです。特に万願寺唐辛子は、そのまま焼いて花鰹と醤油だけで、かなり旨いです。
米ナスは、私の育て方が悪いのか結実ペースがかなり遅く、7日に1個程度。しかも2株のうち1株は、前回(7日)に見たときには枯れてしまっていて(原因不明)、残り1株のみとなりました・・・これも畑との相性でしょうか?
カボチャは、畑で一番元気。キュウリネットにまで進出して、空中でキュウリのように結実してきました。もちろん平面にも広がり、地面にたくさんの実をつけ始めています。来週あたり、最初の収穫が期待できます。カラスにつつかれなければ、今年はカボチャが豊作の予感です。
前回、夏野菜の株元に追肥(植物原料のみの有機肥料)をして、たっぷり水をやった成果が、今日確認できました。株元周囲の土には白いカビ状の微生物が、肥料を分解している様子が見えました。苗を植えた直後にも同じ状態になり、そこからぐんぐんと育ちが良くなったことを考えると、良い方向ではないかと思います。



イチゴ(章姫)の苗は、前回株分けを実施しました。親株も、雑草に囲まれながらもまだまだ元気です。方や、自宅ベランダの株は、親株がほとんど葉を落としてしまい、子株は1株だけ分けることができました。来年また育つかどうか・・・。
ナスもそうですが、サトイモもここまで大きく育ってくれたのは、今年が初めてです。やはり雑草対策としてのマルチと、初期施肥が有効だったのでしょうか・・・。サトイモもたった3株ですが、秋にはかなりの収穫が期待できます。茎(ズイキ)も食べられる品種だったように思うので、色々楽しめそうです。
そして、スイカ。前々回(4日)収穫したものは、割ってみると、まだ未熟でした。薄いピンク色で、そのまま食べても甘かったのですが、半分以上は実家にて漬物に変身していることでしょう・・・。現在畑で成長中(もう3キロ超えたか?)の1玉は、前回の教訓を活かして、じっと収穫を我慢しています。来週、じっくり見極めてから収穫しようと思います。



23:18:41 | macjiro | | TrackBacks