Archive for September 2007

30 September

9月を終えて(反省モード)

9月は、何だかいつまでも暑い暑いと言ってるうちに終わってしまった感じです。
月末までの猛暑のおかげで、農作業(田んぼの溝切り)がなかなかはかどらず、雑草も真夏の勢いを保っているので、草刈り(田んぼの畦、畑など)だけでも去年の倍作業したように思います。
猛暑では、畑の秋冬野菜の準備も遅れてしまい(苗を育てても暑さでやられてしまうので)、月末の27日にようやくタマネギとハクサイの種まきをしましたが・・・ハクサイは、去年同様また結球しないかも。その前に、いまだ勢いがある虫たちの餌食になるかも。せめてタマネギは、数ヶ月自給できる分だけでも育ててみたいと思います。
10月は、仕事で東京出張が(9月末分も合わせると)3回もあります。中頃の週末しか予定が空けられないので、稲刈りは13~14日を予想して、最後の溝切り作業に挑みます。また畑の準備も、稲刈りまでには半分以上しておかないと・・・ダイコンなど根菜類の種まきを特に急がないと。
この調子だと、10月末か11月上旬(野洲以外の古代米やもち米の稲刈りはこの頃)以降にようやく落ち着いて、収穫祭ができそうな感じですね。ずっと我が家の常温の部屋で寝ていたお酒たちも、さすがに飲み頃を迎えているので、そろそろ起こさなくては・・・。


22:52:00 | macjiro | | TrackBacks

24 September

常温半年熟成の効果



厳寒の冬に仕込み、それから半年間じっくりと自然の温度で熟成させ、ようやく朝夕が涼しくなった頃におろす・・・。
日本酒の「ひやおろし」のことのようですが、実は味噌。2月に仕込んだ手前味噌が、半年以上の熟成を経てようやく味噌らしい色艶、そして香りになってきました。
もっと大きな仕込にすれば良かった・・・と後悔するぐらい、今年も良い出来栄えのようです。春先はカビが発生したりして慌てましたが、結果オーライですね。
隣は、初夏に仕込み土用干しを終えて2ヶ月弱の梅干。こちらはまだまだ熟成が必要なようですが、手元在庫が尽きたので、すでに2粒ほど食べています。1キロの梅、個数にして26粒。残り24粒で1年もつはずもなく・・・こちらも、せめて2キロ仕込めば良かったと、後悔しきりです。

22:46:37 | macjiro | | TrackBacks

22 September

溝掘り続く



溝掘り作業が続いています。
残暑というにはあまりに厳しい真夏並みの暑さの中で、1時間作業しては30分休憩し、しっかり水分補給ということを繰り返して、ようやく3日目で予定の半分ほどできました。
彼岸に入り、畦には彼岸花がにょきにょきと顔を出して、目の覚めるような彩りを添えてくれていました。
稲の籾も、完全登熟まであと2週間程度との師匠の見立て。でも田んぼの水気がなかなか抜けてくれないので、実際は来月中旬頃の稲刈りになりそうな感じです。



あと2枚ほどの田んぼに溝を掘って、しばらく乾燥するのを待ちます。これも天候次第・・・人の力ではどうにもならない世界です。
それまでに、秋冬野菜の準備をそろそろ始めないといけません。
この日は久しぶりに、野菜の種を買い出しに行きました。小松菜、水菜、白菜などの菜っ葉類に、大根やニンジン、ゴボウなどの根菜、そして今年は冬越えのタマネギや豆類にも挑戦します。
稲刈りとサツマイモ掘りを終えたら、来月下旬にはまた去年のような収穫記念のお酒の会をしたいなあ・・・。



20:01:00 | macjiro | | TrackBacks

08 September

溝切り開始!



今年の野洲の田んぼは、11枚全部コシヒカリ。田植えは、周囲よりも1ヶ月以上遅い6月10日頃でしたが、もう稔りの時期を迎えています。・・・周囲は、ほとんど稲刈りが終わっていますけど。
稲刈りまであと1ヶ月足らずと予想して、さすがにそろそろ田んぼの溝切り(溝掘り)作業を始めないと・・・まずは、去年の稲刈りで一番ぬかるんでいた、一番上の田んぼの山側から開始。
水が滲み出る場所から、奥の水路まで排水するための溝を、鍬1本で掘ります。
田んぼ用の長靴を履いて、膝下までぬかるみに浸かりながらの作業は、想像以上にハードでした。午前中は適度に曇っていた天気も、昼前からは晴れて厳しい残暑に。風もほとんどなかったので、わずか30分の作業で汗だく・・・約2キロの重さの鍬で、重たい泥を掘る作業の繰り返しは、1時間強でギブアップしました。でも何とか、田んぼの半分は溝を掘って、排水可能な状態にしました。
下着まで、絞れるほどの汗をかいたので、さすがに30分ほど日陰で休憩し、失った水分を取り戻すようにお茶などを飲みました。
その後、草刈機で刈り残した畦草を刈ったり、次に溝切りする田んぼの畦草を刈ったり、1時間ほど作業しました。全体ではわずか3時間ほどの作業量でしたが、久しぶりの激しい作業に身体は限界。全身着替えて、午後1時にはお昼ご飯や買出しに出かけ、その後帰宅しました。
この日は、子供が通っている幼稚園で夕涼み会があったのですが、何とか間に合うように帰宅でき、ほっとしました。
でもその夜からは、腕と背中と腰が筋肉痛に・・・翌日でなくて、ちょっと嬉しかったですけど。

22:15:00 | macjiro | | TrackBacks

07 September

東京出張で食べたものメモ



<3日>
・・・晩ご飯を自宅で食べてから出発。日付が変わる前に宿に到着しましたので、軽くおつまみと晩酌酒(ペットボトルで持ち込んだもの。中身は若桜のお酒)で終わりました。
<4日>
朝早くに出発するので、前夜に買ったパンが朝食。宿でも7時から朝食サービス(焼きたてパンとドリンク)をやってくれていますが、残念ながら7時前に出発したので味わえず・・・。
午前中は水戸を訪問、すぐにいったん上野へ戻り、埼玉でお昼。中華料理屋の定食をいただきました。意外とあっさり味でひと安心。
夜は、大宮のお寿司屋さんにて、少し早い夕食。お造り盛り合わせとお寿司盛り合わせ、どちらもおまかせでしたが、大満足でした。あまりに美味しくて、写真撮るのを忘れるほどでした・・・。
<5日>
またも宿の朝食時間前に出発、甲府を訪問しました。朝食は駅の売店で買ったサンドイッチのみ。
レンタカーで十数軒、ナビがあるとかなり効率が良かったです。
お昼は、甲府の得意先の飲食店回りついでに、お寿司屋さん(にぎり1人前)ととんかつ屋さん(ヒレカツ定食)のハシゴ。昼ごはんのハシゴなんて初めてでした。午後からお腹が苦しかったのは、言うまでもありません・・・。
夜は、新宿のおでん屋さんにと誘われましたが、まったくお腹が減っていなかったので辞退。宿近くの居酒屋で飲み仲間が集まってくれていて、遅い時間(9時前)に顔を出しました。そこでようやく落ち着いて、純米燗酒をじっくり味わえることができました。空腹ではなかったのに、そこで出された肴(細切り昆布の炒めもの、茗荷の梅酢漬け、鯵の南蛮漬け、鯨の竜田揚げ、ピータンなど)が美味しくて、ちょっとつまむつもりが、つい食べ過ぎてしまいました・・・。
<6日>
この日の訪問先は川崎ということで、朝はゆっくりめの出発。おかげでようやく宿の朝食をじっくり味わえました。あまり期待していなかったのですが、パン(クロワッサン、オニオンロール、ソフトロール)が美味しくて、つい4個も食べてしまいました。
台風が接近しているとのことで、昼ご飯(また中華定食・・・)も急いで食べて、夕方までに仕事を切り上げて、5時過ぎには宿に戻りました。風雨が強まる中、宿近くの東京駅の大丸地下で、宇都宮餃子と柿安の弁当を買い込んで、宿でのんびり食事をしました。前半は新潟の地ビールと共に、後半は持ち込み酒のお燗と共に・・・。少し寝不足気味だったので、11時過ぎには寝てしまいました。
<7日>
チェックアウトまでのんびり過ごしました。もちろん朝食は宿で、パン3個と珈琲、オレンジジュースをいただきました。
午前中に1軒訪問して、今回の仕事は終了。でも台風の影響で午前中は新幹線が混雑していたので、西日暮里へ寄り道。酒屋さんでいっぱいお話したりお酒の試飲をした後は、東京出張の時は必ず立ち寄る鰻屋さんで、うな重定食を。いつもながらですが、とても美味しかったです。
午後3時前の新幹線の指定が取れたので、帰りは酒屋さんで買ったカップ酒を味わいながら・・・と思ったのですが、寝てしまって開けずじまいでした。


22:18:00 | macjiro | | TrackBacks