Archive for August 2007

23 August

久しぶりに海へ

パン屋さんのイベントの翌日21日から23日まで、久しぶりに家族旅行で白浜へ行きました。
車で行こうか電車で行こうか迷いましたが、子供たちが車に弱いので、結局電車で。私も運転手にならなくて楽させてもらいました。
お昼に白浜駅に到着後、まずはとれとれ市場へ。お昼ごはんと買出しが目的です。が・・・お盆の週を外したというのに、すごい人。食事場所は満席だったので、敷地内の喫茶店に何とか陣取り、無事に食事(普通のメニュー)にありつけました。
食事後、どこか拠点をさがしていると、幼児を遊ばせる広いスペースを発見。荷物のすべてと子供たちをそこに置いて、私ひとり買出しをしに市場内をうろうろ・・・しかし今回泊まる宿(一応自炊可能)の炊事能力が不明なので、無難に惣菜ばかりを買い込みました。あとビールとお酒(お土産用のカップ酒)も買って、いざ宿へ。
宿に着くと、すぐに子供たちはプールへ。私は子供たちの必需品(牛乳)を求めて、海沿いへ買出し後、プールで合流しました。
夕食は、持ち込んだお米でご飯を炊き、おかずは買い込んだ惣菜で済ませました。旅先だと豪華な食事になりがちですが、子供たちにとっては、お刺身よりもこういう普通のおかず(煮物など)の方をよく食べるので、かえって良かったかも・・・。
夜は、白良浜を見下ろして花火鑑賞。20分ほどで数十発という可愛い花火ですが、初めて間近で本格的な打ち上げ花火を見る子供たちは大喜びでした。
翌日は、朝8時半から白良浜海水遊泳場へ。子供たち、海を怖がるかと思いきや、意外と大喜び。私でさえ足が立たない深い沖まで連れて行っても(もちろん子供は浮き輪につかまってですが)、全然怖がらず・・・おかげで、6時間以上も強烈な日差しにさらされて、体中が日焼けしてしまいました。まあ、私も何年ぶりかの海水浴を楽しみましたが。
夜は宿の食堂で食事。でもやはり子供たちには、普通の食事が良かったようです。お子様メニューを頼んだのですが、予想以上にひどい内容でした・・・子供たちにこそ、ちゃんと手をかけた料理を食べてもらいたいのに、外食業界は「お子様メニュー=手抜き料理」が常識のようで、非常に残念な思いと、子供たちに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。ちなみに大人用のメニューも、かなり残念な内容でしたが・・・。
3日目は、久しぶりにAWSへ。確か私が行った頃は、名前も「白浜ワールドサファリ」だったし、パンダもいませんでした・・・いったい何年ぶりでしょうか。
サファリで動物たち(暑さでへばっていた)を見て、アシカ・カワウソショーを見て、遊園地で遊んで、午後からはイルカショーを2回も見ました。たぶん今回の旅行で、一番お金を使ったのではないでしょうか・・・子供たちは大喜びでしたが。
夕方に帰路につきましたが、直前の大雨の影響で特急電車が遅れたりとやや混乱していました。予定より30分以上遅れましたが、全員無事帰り着いて、やれやれでした。


22:51:00 | macjiro | | TrackBacks

20 August

天然酵母パンと日本酒のご縁



お盆休みも明けた20日、大阪市東淀川区のパン屋(ゆめや)さんを訪問しました。
このパン屋さん、不思議なご縁でこの春から2回ほど、日本酒のことをお話させていただきました。経緯はというと・・・去年の春に、有機野菜を宅配する会の会報に寄稿したのですが、それをパン屋さんが見られ、いつか連絡を取りたいと思いつつ1年が過ぎ・・・今年の春過ぎに、パン屋さんからメールをいただき、私が訪問したという次第。パン屋さんからは「日本酒の造りのことを教えて欲しい」とのご依頼でした。
実はこのパン屋さん、酒種酵母(米麹から酵母を起こす)でパンを焼き、一部のパンはオーガニック材料を使って、有機野菜を宅配する会に出荷しています。しかし、どうしても夏場は酵母の調子が悪く、悩んでおられたとのこと。
2回の打ち合わせで感じたことは、酒種酵母と言われるだけに、日本酒の酒母の仕込みと共通することが多いということ。私のような未熟者の話が、どれほどの役に立ったのかはわかりませんが、これがご縁で今日のイベントの案内をいただき、参加させていただくことになりました。
この日は、和歌山は海南市の山にある、ドーシェルというパン屋さんを囲んで、美味しいパンを食べつつ、お話を聞こうという内容。午後4時から始まりましたが、午後6時からはお酒やおつまみも加えての座談会となりました。他に京都市左京区のパン ド ラディというパン屋さんも来られて、天然酵母パン談義に花が咲いていました。
ドーシェルさんは、お話を聞けば聞くほどに、一度伺いたくなりました。山で畑など農作業もしつつパンを焼き、山頂でカフェをされている・・・しかも和歌山。この春から何かとご縁があります。いずれは小麦も自家栽培したい、という夢を持ち続ける姿勢に、かなり刺激を受けました。
京都のパン屋さんとは、むしろ日本酒談義で盛り上がりました。私が持参した日本酒(浪乃音 渡船 純大吟生原酒・・・1ヶ月開栓室温放置品)も、なかなか好評でした。お燗できなかったのが非常に残念でしたが・・・。
また古酒もほんの少し(5勺程度)残っていたものを、複数の方に味わっていただきましたが、意外と好評でした。自分と同じ年のお酒(純米酒)だけに、味わっていただいた方の反応がとても嬉しかったです。
私は夜8時で途中退席しましたが、その後も半分ほどの方が残られて、話が続いていました。後ろ髪を引かれる思いで別れつつ、新しい出会いに感謝しながら帰路につきました・・・。



23:00:00 | macjiro | | TrackBacks

12 August

ジャガイモ掘り完了



ようやく、ジャガイモをすべて掘り終えました。
2割くらいは、齧られていたり傷んでいたりしましたが、それでも5キロ以上の収穫です。もちろん、うちだけでは食べきれないので、色々なところへおすそ分けの予定です。
田んぼは、このところほとんど雨が降らないので、かなり乾いてきています。ちょうど水を抜いて干す予定でしたので、田んぼの排水栓を抜いたり、せき止めていた板をはずしたり、取水口を塞いだりという作業をこなして、この日は猛暑もあって終了。2時間半ほどの滞在でした。
その後、今回は車で自宅まで移動。お盆休み期間に突入したので相当の混雑を予想して、また途中で何箇所か寄り道をすることもあり、ずっと一般道を通りました・・・やっぱり、3時間かかりました。久しぶりの長時間運転は、ある意味農作業以上に疲れました・・・。


22:14:00 | macjiro | | TrackBacks

07 August

今年も嬉しい光景



出張から帰った翌日、ほぼ1週間ぶりに野洲の田んぼへ。
このところの暑さと日照りで、稲の具合が少し心配ではありましたが、さすがです。暑くなるほど元気に育ってくれていて、あれだけ勢いがあった雑草の方がやや弱ってきている印象さえ受けました。
そして何よりも、そろそろかなあとは思っていましたが、ちょうどこの日の朝からなのでしょうか・・・よく見ると、育ちの良い畦際の株から、穂が出てきていました。
出穂直後から、稲の花が咲いていて(籾がパカっと割れて、おしべとめしべが外に出るだけですが)、今年も運良く花が開いたところを見ることができました。
これから数日は、花が開き受粉して、しばらくはおしべだけが外にはみ出た様子が見ることが出来ます。去年は初めてこの光景を見て嬉しかったのですが、今年もやっぱり、嬉しいですね。
この日の田んぼ作業は、あまりの暑さにヒエ抜きだけで終了。田んぼを歩き回るだけで、ふらふらになりそうな日差しでした・・・。
畑に行って、キュウリの(最後に近い)収穫をして、ジャガイモを5株ほど掘って、上の畑でカボチャを1個だけ収穫しました。ジャガイモは、本当は収穫してしまおうと思ったのですが、やはり全部は持って帰れそうにないので、次回で最後にします。
田んぼも、そろそろ秋の収穫準備の作業へシフトします。次回の作業では、排水口を切って、今まで溜めていた水を排水します。
そして水がなくなった、でもまだぬかるみの状態の中、1年で一番ハードな作業「溝きり」をします・・・。稲の根張りを良くする「中干し」に欠かせない作業なんですが、まだ残暑厳しい中で泥だらけになっての土木作業になるので、鍛えられるし痩せられることは確実かと・・・ビールの消費が増えそうですけど。
畑は、夏野菜の収穫を終えたら片付けをして、秋冬野菜の準備を、9月中(できれば中旬まで)にしなければなりません。
秋ジャガはもちろん、菜っ葉(主にコマツナ・ハクサイ)、ネギ、タマネギ、ダイコンを、去年同様に育てる予定です。
結局、初夏の打ち上げができなかったので、秋の収穫に合わせて、また去年のような会をしたいなあとたくらんでおります。
お酒の在庫も、かなり増えてきていますので・・・。


23:10:00 | macjiro | | TrackBacks

06 August

名古屋へ遠征



数年ぶりに、名古屋に滞在してきました。今回は仕事を絡めて、新しい出会いにも期待しながら・・・。
<初日>
近鉄特急で名古屋入り。お昼前に到着して、いきなり最初のお仕事。電話でアポを取って、すぐに得意先へ・・・。岐阜市内なので、名古屋からさほど時間もかからず、迷うことなく1時前に到着。仕事自体は1時間弱で切り上げ(相手も忙しそうでしたので)、まずは宿へ。
少し早めにチェックインをして、さっそく今後の仕事のアポ取りを済ませると、もう夕方。この日はこれで終了として、翌日のイベントのチケットを受け取りに近くの酒屋さんを訪問。久しぶりに見るテレビ塔、決して高くないのに、けっこう存在感がありました。
その後、栄のとある料理店にて、関東の飲み友達と合流。美味しい料理と旨い純米酒(ほとんど燗酒)をゆったりと味わいました。気がつけば、5時間以上も・・・。



<二日目>
朝はのんびりしつつ、お仕事へ。途中で「あんかけパスタ」なる名物?を味わいましたが、う〜ん・・・かなりきつい味でした。
お昼1時半に、中津川に到着。名古屋から中津川まで、けっこう距離があるんですね〜と実感。今回はあまりゆっくりできませんでしたが(それでも得意先に2時間も滞在、初対面なのにたっぷり話してしまいました・・・)、次回はここで1泊したいと思える、良い雰囲気の町でした。
夕方に名古屋に戻り、時間の関係で直接イベント会場へ直行。幸い開宴には間に合いました・・・で、受付でいきなり見知った顔、顔、顔・・・名古屋の知り合いはほとんどいないはずなんですが、東京の知人や、大阪からも某酒屋さんが来られていたりして、お互い面白がって話をしていました。
イベント自体はすっかり慣れてしまっているので、私は蔵元ブースを行ったり来たりして、顔見知りの人に挨拶をしつつ、燗酒を味わいました。ただ、料理については・・・写真の前菜と、あと皆さんが取り尽くした後の残り物(前菜以外はバイキング形式・・・しかも料理の追加がほとんどなかった)、そして蔵元ブースのおつまみを少々食べただけでした。11時過ぎにあんかけパスタを食べて以来、何も食べてなかったお腹にはかなりこたえました・・・。
イベント終了後、なぜかスタッフの打ち上げにも参加して(ここでやっと食べられなかった料理を味わえた)、夜遅くまで見知った顔や初めての顔と楽しい時間を過ごすことができました。
<三日目>
朝はのんびり10時にチェックアウトして、11時に得意先を訪問。たっぷりお話した後、お昼までご一緒させていただきました。この日のお昼は、名古屋で一番旨いと言われる(地元の人が言うのだから間違いない)「味噌煮込みうどん」。正直、かなり暑い中で、しかもメニューには「ざるうどん」が大きくアピールされていたにもかかわらず、味噌煮込みうどんを食べたのは、かなり賭けではありました。でも味わってみて、本当に良かったと思いました。汁まで味わえる、美味しい味噌煮込みうどんでした。
これで仕事も完了して、2時には近鉄特急に乗り込み、夕方に大阪へ帰りました。
今回は、ゆったりめのスケジュールを組んだつもりでしたが、行ってみれば、もっとゆっくり滞在したいと思える、そんな名古屋〜岐阜エリアでした。


17:56:00 | macjiro | | TrackBacks