Archive for January 2007

21 January

久しぶりに蔵見学(写真ありません・・・)

自分が勤めている蔵なら、毎日見ているんですが・・・。
社長が、連れて行ってくれるというので、お言葉に甘えて行ってきました。

今日は、日曜日ということもあって仕事は少なめ。でもいつも通り朝5時から働いて、お昼ゆっくりめに休憩して、午後から明日の蒸し米の洗米(ほんの80キロ)を済ませて、午後3時に出発。
行き先は、車で30分弱の湯梨浜町にある酒蔵、「山陰東郷」の福羅酒造さん。

午後の休憩時間に、会所場(蔵人さんたちの休憩場所)にて皆さんに挨拶をして、しばし歓談。杜氏さん、とても達筆(タンクにチョークで書いている文字がすごく奇麗)で優しさが滲み出ている、とても好感がもてる方でした。

蔵元の若い方に蔵を案内していただきます。麹室にて「お久しぶりです」と言うと、どうやら思い出していただいたようです。・・・数年前、大阪は上本町近鉄にてイベント(室園さんの「出雲杜氏の蔵の写真展」と鳥取・島根のお酒の試飲販売)が開催された時にお会いして以来でしたが、よく覚えていて下さいました。

もと場や仕込み蔵などひと通り案内していただきながら、つい今いる蔵との比較をしてしまう自分がいました。蔵人さんたちが作業しているところを見るときも、つい比較して考えてしまっています。以前なら、ただ感心して見ていただけですが、今期蔵仕事をさせていただいたおかげで、より興味深く見ることができました。

1時間少しの短い滞在でしたが、楽しいひとときでした。



19:59:54 | macjiro | | TrackBacks

11 January

近況報告など

新年あけましておめでとうございます。
年末年始のお休みも、予想通りあっという間に過ぎて、5日早朝から再び蔵仕事が始まりました。毎日朝5時から日暮れ(遅くて7時前くらい)まで、お酒造りに関わる仕事をさせていただいております。
1月は特に、寒さも厳しくなり、吟醸の仕込みなどに最適な時期でもあります。仕込みの種類も増えて、忙しさも増えますが、楽しみでもあります。

さて、話は戻りますが、3日に滋賀の畑や田んぼの様子を見に行きました。畑の野菜たちは・・・
大豆が収穫時期を過ぎてほぼ全滅。枝豆から大豆になる途中で成長が止まっていました。また半分以上は豆が充実せず、空の莢だけでした。今年の春は、種から再考する必要があります。
小豆はしぶとく生き残っていて、虫食いが多いものの予想以上に3合程度の収穫でした。ぜんざいにしたら1食分で終わってしまいますので、大事に春の種まき用に残しておこうと思います。
聖護院大根は、寒さに強いこともありますが、あれだけ虫に食われていた葉っぱが、寒さで虫がいなくなったおかげで立派な葉っぱになっていました。ただし成長は遅れていて、小かぶより少し大きめのものがほとんどでした。大きめのを6株ほど収穫して、小さめのは畑に残してきました。
ネギは、やや寒さに負けてきたのか、それとも肥料が切れかけているのか、あまり成長していませんでした。5株ほど引っこ抜いて、あとは残しました。
金時ニンジンと三寸ニンジンは、ほとんど成長しておらず、収穫したものの食べにくいものばかりでした。結局、昨年はニンジンがうまく育てられませんでした。不向きな土質なのでしょうか・・・。これも再考しなければなりません。
ジャガイモは、2株ほど残っていたものを掘り出しましたが、半分は霜などでだめでした。生き残っていた5個ほどを収穫、うち2個を早速その日のうちにふかして味わいました。何もつけなくても(ふたつまみの塩を入れて湯がいただけで)かなり美味しかったです。
白菜は、は種時期が遅れたのと虫に食べられたことで、結球せず。あまり成長もせず。そのまま畑に残してきました・・・。
田んぼは、去年の同じ時期と同様、なかなか乾くこともなく、いつ荒起こししようかと思案してしまう状態でした。でも2月になったら、時期を見計らってトラクターに乗ります。
蔵仕事もあと3週間足らずとなりました。もう2月の予定を色々と考えていますが、最優先事項は・・・車の駐車場をさがすこと、だったりします。



21:49:11 | macjiro | | TrackBacks