Archive for November 2006

30 November

11月を終えて

11月は、13日という区切りまでは、田んぼの稲刈りと畑の収穫に追われました。稲刈りも、品種がいろいろあると、かなり長丁場になってしまうということも経験できました。
畑については、大豆や小豆、ジャガイモにハクサイにダイコンにニンジンにネギ・・・と、収穫できなかったものが多く残りました。あとを畑から一番近い知人のあひるさんに託して(時々収穫に来て下さいとお願いしました)、年末年始まで無事成長してくれていることを祈るばかりです。

13日に、鳥取県中部のとある蔵に入り、翌14日から現在まで、修行の日々です。
毎朝5時から始業して、だいたい午後6時まで(遅い時は午後7時過ぎまで)、朝食と昼食の各1時間と30分の休憩以外は、みっちり働いてます。半月以上が過ぎて、生活サイクルにも仕事の流れにも適応できつつあるのではないかと思います。ただ、身体のあちこち(主に腕と手指)がそろそろ限界に近づいてきており、何とかあと1ヶ月動かせるように、無理しない程度に酷使してます。
年末年始には、お休みを少しいただく予定ですので、その時にお会いできる方もいらっしゃる・・・・かな?
とにかく、今は家族と、畑がとても気がかりではあります。

21:39:00 | macjiro | | TrackBacks

09 November

稲刈り(もち米の部)完了



火曜日に、下から3枚目の田んぼ(紅染モチ)を収穫しました。毎度ながら、私は端や四隅の手刈りと、コンバインが動き出してから少しだけ手伝って、すぐに店番の時間となってしまったので、後ろ髪を引かれる思いで途中抜けしました・・・。
水曜日は、終日店番でしたので、次の作業は木曜日でした。
でも、水曜日の店番の途中で寒気がして「これは風邪をひいたかな?」と感じたので、気力があるうちに甘酒(飲む点滴の効果を期待して)を買って帰り、自宅に着いたら甘酒を温めて飲んで、すぐに重ね着をして布団に入り、むしろ熱を上げるようにしました。案の定、深夜には39度まで熱が上がりました。そのまま汗をかくように仕向けて、数時間後には重ね着を脱いで汗をかいた服を着替え、氷枕で首の後ろを重点的に冷やし、熱を下げるようにしました。
木曜日の朝、見事に熱は下がり、体のだるさもとれて、自分でも信じられないくらい回復していました。この日は最後の稲刈りの予定でしたが、前夜までは作業はもちろん夕方の店番も無理かなあと思っていただけに、嬉しかったです。
ただ、家族も調子が悪くなっていた(子供たちは先週末からずっと)ので、午前中は自分の体力回復のためもあって自宅でのんびりして、お昼1時前に圃場に着きました。すると・・・今回は、午前中から作業をされていたようで、コンバインが最後の1列を刈り取るところでした。
私が着いてすぐにお昼の休憩となり、食欲がなくて食べられないと思っていたのに、おにぎりをひとついただきました。田んぼに出ると、何だか回復力がいっそう強くなってきたようで、午後の作業(手刈りした稲の脱穀と、藁の片付け)もこなせました。そして午後3時前、すべての作業が完了して、今年の野洲の田んぼの稲刈りが、終わりました。



ただ、畑については、春に少し使わせてもらった山際の畑(今は雑草のジャングル)の草刈りと、三角の畑(大豆や冬瓜やサツマイモが残っている)の片付けや収穫が残っています。秋冬野菜(ジャガイモ・ネギ・ニンジン・ハクサイ・ダイコン)を植えた上の畑については、日曜日までの収穫は無理ですので、残しておくことにします。畑に来られたことのある方で、収穫したいという方は、ぜひ来て下さい。といっても、ちゃんと成長しているかどうかは、難しいところですが・・・。
最低限、サツマイモを植えた方には、最後まで芋掘りをしていただきたいものです。
ちなみに私は、日曜日(お昼前後)にできるだけ収穫して帰りますので・・・。




23:39:00 | macjiro | | TrackBacks

04 November

温度差

今日は、午後からとあるイベント(対談)に参加しました。
私の精神的な恩師(と自分で思っているだけですが)、高畠町の星さんと、著書はいくつか読ませていただいたもののお会いするのは初めての、佐賀の山下さん。このお二方の対談なんて、滅多に御一緒できないでしょうね、この先もおそらく・・・。
午後1時半から3時間みっちり(途中休憩も10分だけ)お話を聞き、その後も数時間、お二方と御一緒する機会をいただき、かなり色々な方のお話もお聞きしました。
自分のような、非常に中途半端(街なかに住み、遠方で借りた田畑に通って作業をするが、農作物で収入を得ることはほとんどない)な立場の人間だからこそ感じたのでしょうか・・・今日ほど、数多くの人との、温度差を。
メインゲストのお二方はもちろん、主催団体の方、その会員の方、生産者(農家)の方、大学生の方、新社会人の方・・・。話題も、農業について、日本酒について、お米について、堆肥について、野菜について、消費について・・・。
それぞれの立場の方が、それぞれに立脚した観点で考えられた発言をお聞きし、また自分は自分なりの考えを他の人に伝えようとしました。
共感して下さる方、ただ聞いて下さる方、ひたすら質問される方・・・反応もまた、それぞれでした。
農業問題や食糧問題を考える時、ただ一面だけを捉えて話をすることは、逆に難しいなあと感じました。専業農家の方は、生計をたてることが大前提で話されるし、消費者の方は、自分の家庭レベルでの食の問題(いま流行っている?食の安全性について)が大前提。
大きな視点で問題を考えて、それぞれの立場でできることを運動として形づくっていくことが、今回の目的なのだろうと私は理解しましたが・・・目に見えた感想は、
農家の後継者問題はもちろんだが、消費者についても同じことが言えるのでは?
ということ。
今回のイベントに参加された方々、ざっと見て50代から60代の女性(消費者団体の初期の会員さんでしょうか)が多かったように思いました。私と同年代や、それより若い人の参加は少なかったように思います。
また、生産者の方は男性が、消費者の方は女性が多かったようにも思いました。
ちなみに、強烈なメッセージを送り続けているゲストのお二方(と主催団体の代表さん)は、いずれも70代男性でした。
なぜか、性別役割の問題までも、つい考えてしまいました・・・。


[Read more of this post]
23:24:00 | macjiro | | TrackBacks

03 November

<お知らせ>珈琲豆の売り子してます

今日、11月3日は、私がアルバイトをしている珈琲豆のお店の2周年記念日です。
ささやかですが、記念セールをやっておりますので、お近くの方はぜひご来店下さいませ。珈琲(店で一番高価な豆使用)の試飲もやらせてもらいます。またプレミアム豆3種類が半額ですので、滅多に味わえない珈琲(しかも焙煎したて)がお求めやすくなっております。
日本酒好きな方は、帰りに(行きでも良いですが)酒酎屋たきもとさんへもぜひお立ち寄り下さいませ。珈琲豆のお店から徒歩5分以内ですので。美人の奥様と素晴らしいアテもお待ちしておりますよ〜。
さらに畑つながりの方(かなり限定されますが・・・)は、野洲の畑にもお立ち寄り下さいませ。サツマイモ、そろそろ掘り頃です。私とモグラが、かなり荒らしてますけど(笑)。


03:07:00 | macjiro | | TrackBacks