Archive for 29 January 2005

29 January

さらむむで新年会

かねてからの予告通り、さらむむにて新年会(お酒は持ち込み)をやりました。幹事は、奈良のマーキーさん。
予定時刻の30分前に行くと、すでに幹事さんが飲んでいたのにはびっくり。お店の新入荷のお酒を半合ずつ、冷や(13度くらい)とお燗で味わっておられました・・・。
定刻までにきっちり全員集まり、滞りなく開始。グラスビール3人と、ウーロン茶3人で乾杯し、すぐに第一のお酒選びに入りました。
ちなみに、今回持ち込んだお酒は7種類。
かなり記憶が怪しくなることを見越して、mikaさんがお酒のしおりを作って下さいました。ありがたいことです。
前回は、お燗で旨いお酒というテーマでしたが、今回は新酒の季節なので新酒もあり、それをお燗して将来?を占うという楽しみも味わいました。
持参したお酒は、いずれも特徴のある個性的なものばかりで、食べ物に合わすのが非常に難しかったです。
活性にごりは、食前の一杯に良かったし、同じにごりでも、濁酒(水もとのどぶろく?)は、日本酒(清酒)の範囲を超えた酸っぱい!という味で、アルコール度数は低いものの、酔いがまわりそうな気がしました(・・・実際、かなり酔いましたが)。
私が持参した「槽汲」は、2本ともなかなか評価が良かったと思います。
玉栄65は、自宅で常温(15度前後)で保管していたためか、開栓したら「ポンッ」と音がしました。適度に瓶内発酵していたようで、味も、蔵で味わった時とはまったく違い、新酒らしい、しっかり味乗りしたお酒になっていました。もちろん、お燗も何のその、新酒なのにお燗向きで、燗冷ましがまた旨い。やっぱり不思議なお酒です。
山田70も、かなり味のりして飲みごたえがあり、お燗から燗冷ましまで旨さが崩れませんでした。
しかし、そのあたりでどうやら酔いが回ってきたようで、後半はあまり味の記憶がありません(最後のお酒の味は特に・・・)。
調子よく飲み過ぎたのか、朝からよく動いた疲れが出たのか、理由はともかく・・・少し反省しております。


[Read more of this post]
23:56:00 | macjiro | | TrackBacks